雑務に対する考え方を改めなければならない理由とは?

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

「雑務」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

面倒なこと、誰でもできる単純作業、手間暇がかかること、人がやりたがらないことなど、様々な認識があるかと思います。

周りの人の話や職場の従業員の様子を見ていると「雑務」に対する考え方がズレているなぁと感じました。

今回は、成功者にとっての雑務に対する認識と、私自身の経験談を絡めてご紹介したいと思います。

 

 

平社員の雑務に対する考え方

雑務をする会社員

私の周りの会社員、職場のスタッフを見ていて思うことは、一般的に「雑務」と言われていることをやらない傾向にあります。

「なんでそれを俺がやらないといけないの」

「こんな面倒なこと俺じゃなくてもできるじゃん」

「上司の言い方がムカつくから、上司がやってればいいんだよ」

そんな考え方で仕事に取り組んでいる雰囲気が見て取れます。

でもこれは平社員の考え方です。

出世し役職が就くと、途端に責任の幅が増えて頭を使った仕事が多くなり、作業を他の社員に振ることが多くなります。

上司の頭の中の大変さは平社員にはなかなかわからないため衝突が生じることが多くなります。

 

上司自らやる作業量は減るため一見ラクそうに見えますが、頭の中は大忙しです。

上から求められる責任、ノルマ、納期、他の社員に振った仕事の進捗、人員配置、作業の割り振りなど、管理業務は大変です。

伝え方や指示を間違えると、意図した行動とは全く外れたことをしてしまい、余分に時間がかかったりと振り回され・・・

「なんでこんなこともわからないんだよ!」

「考えればわかるだろ、頭を使え!」

「わからないならやるなよ!勝手に進めるな!」

部下に対してこんな発言をしてしまう上司も多いことでしょう。

 

そんな状況に追い込まれているとふと思うのです。

「あぁ・・・この単純作業、気持ちよくやってくれる人がいたらいいな・・・」

この時の心境は、誰が一番嫌な顔せずにやってくれるだろうか、誰がお願いしやすいかな、という感じです。

その時選ばれた人は、その上司にとって一番頼みやすい人であるとも言えます。

一部、「お前は能無しなんだからこれでもやっとけ」という場合もありますが。

 

 

雑務に対する成功者のエピソード信頼を寄せる2人

私の周りの成功者のお話を聞くと、雑務と言われている作業を普通の人とは違うレベルでやっていました。

私の元上司の社長と、私のメンターの下積み時代のエピソードをご紹介します。

 

元上司の社長は、下積み時代に関連会社で研修を受けていました。

研修中に一定の成果を出したり、そこでの仕事を取り組む姿勢から評価され、独立開業への道が開ける業界です。

その研修中に社長は、他の研修生がやろうとしない紙をそろえる作業を普通の人とは違うレベルでやりました。

まるで機械で裁断したかのように美しいそろえ方だったのです。

その様子を見て本部のお偉いさんが、「あの研修生の名前は?」と一目置かれるようになったと語っていました。

それからというもの、本部のお偉いさんに気に入られスパルタで指導を受けることで業界では最年少で社長になりました。

 

続いて私のメンターである起業コンサルタントのエピソードです。

私のメンターは、不動産業界に身を置き、抜群の成績を収めて23歳の頃には年収1200万円になっていたようです。

しかし、社内体制や上司と部下の関係性に嫌気が差して逃げるように退社。

そこから個人でネットビジネスに挑戦することになります。

一年間、月に10万円しか稼ぐことができず、貯金を食いつぶすだけの日々。

 

そんな状況に陥っているときに運命の出会いが訪れます。

20代前半で超富裕層のN氏でした。

彼に教えを請いたいと個人的にコンサルティングを申し込んだのですが、門前払いの扱いを受けてしまいます。

超が付くほどの成功者が、わざわざ一般人に時間や労力を使ってお金の稼ぎ方を教えるなんて面倒なことはしません。

私のメンターである起業コンサルタントもかつてはそんな状況でした。

しかし、N氏の「プレステ買ってきて」という一言がその後の運命を大きく変えるのです。

私のメンターは、つべこべ言わずにプレステを一目散に買いに行きました。

お金がない状態にも関わらず、テレビとプレステとソフトを買ったのです。

そして、代金を要求するわけでもなく、何事もなかったようにプレステでウィニングイレブンを楽しんだそうです。

 

個人コンサルティングなど了承する気はなかったN氏の心を動かし、見事コンサルティングを受講することができたのです。

それからというものビジネススキルは飛躍し、月収10万→月収100万→年商3憶弱の社長へと大変身しました。

成功者の力というものは、それほど威力のあることなのです。

 

 

雑務で成功者と良好な関係に

成功者と良好な関係になる

このように、一般的に雑務と言われるようなことから成功者に目をつけてもらい、飛躍するケースはあります。

なぜなら一般人は、雑務と言われることを率先してやろうとはしませんし、できればやりたくないと思っているからです。

その雑務を一般人ができないレベルでやることで、成功者にとっては嫌でも目についてしまうわけです。

 

実は、私も元上司の社長に引っ張ってもらった人間の一人です。

私はアルバイト時代に、率先して後片付けをしたり、みんながやろうとしない雑務を積極的にこなしていました。

「なんでみんな他人事のように後片付けをしないで平気で帰るんだろう・・・」

アルバイトとして働き始めた私には衝撃でした。

給料が発生するもの以外はやろうとしないし見向きもしない大人たちを見てガッカリもしていました。

 

ある時、その会社の女性社員が事務所のシュレッダーの機械をピーピー鳴らしながら作業をしていました。

お構いなしに自分の作業を進める女性社員を見て、「これも無視するんだ・・・」と私はあきれていました。

私はゴミ袋を取り出してきて、シュレッダーの中の紙くずを捨てようとゴミ袋に詰め込み始めました。

すると、それを見ていた社長が、「お前バイトなのにそんなことやれるのか」と驚いていました。

「え・・・?(作業を2人分やった時より驚かれてる・・・)」

私はなぜこんなゴミ捨てくらいでそこまで驚かれたのかとても不思議でした。

 

しかし、今ならわかります。

雑務を積極的に取り組む大人はほとんどいないことを。

そして、雑務に取り組む姿勢に人間性が現れるということを。

雑務をおろそかにしない人間は、役職に就いた時、責任が大きい仕事を任された時、同じようにおろそかにしない信頼がある。

こうやって成功者から拾ってもらい、成功者の仲間内に入ることで人は飛躍していくのだと確信しました。

第一歩を踏み出すためにも雑務でさえおろそかにしないビジネスマインドをやし

 

 

 

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になった秘密

関連記事

【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!
そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では
「年収3000万円の社長のマインドセット」
 ×「億万長者であるコンサルタントの教え」
  ×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」
を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を
増やしていくための活動をしております。

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@hu-huproject.com