男性が感じたい心理① 【一番でいたい】

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

男性は、「一番でいたい」という本能ともいえる心理が働いています。

一番であることこそが男性のステータスであり生き甲斐でもあります。

会社など成績が出やすい環境で一番になってしまったら、さらに頑張ってしまうことでしょう。

しかし、全員が全員一番にはなれません。自分が所属する集団、組織において一番でいやすい場所。

それは、恋人との2人の関係であったり、家族であったり、小さな集団こそ一番でいやすいのです。

この心理があるからこそ、家庭では一番でいたいと強く思い、「支配欲」にまで発展します。

 

支配欲の強い男性心理って?何を求めているの?

そもそも男性には支配欲があるもの。

それは彼女に限らず、たとえば上司だったり、先輩だったりはあるかと思います。

ここでは支配欲の強い男性心理を理解し、その支配欲をうまく利用して、

お互い快適に過ごせるようになる方法をご紹介します。

 

支配欲の強い6つの男性心理

そもそも「支配欲」という男性心理はどこから来るのでしょうか?

女性にはあまり理解できない部分ではあるかと思いますが、「ああ、そういうことか」と理解ができれば、

支配されているという感覚から解放されるかもしれません。 ではそんな支配欲を持つ男性心理を見てみましょう!

 

①自分に自信がないので失わないように支配したい

自分に自信のない男性は、それを補うために支配して保とうとするのです。

支配できていると「自分は支配できる人間だ」と思って安心します。

内心はドキドキしながら支配しているのかもしれません。

自分に自信がないのは、自分のレベルがわかっているのですね。

それを知られたくないがために虚勢を張っている部分があります。

こういう男性は、他の部分で何かしらかのストレスを受けていることが多いのが特徴で、

仕事や両親といった場合が多いです。

他で失くした自信を、あなたを支配することで取り戻そうとする男性心理の表れです。

 

②プライドが高く、支配することで優越感を感じたい

人間には誰しも「プライド」があります。 自己尊厳欲とも言います。

人間には大事な感情で、この自己肯定感が低いと卑屈になったり、何をしてもうまくいかないのは

自分のせいだと思うようになります。

「プライド」が高すぎる人は『他人よりも自分の方が優れている』と感じていないと自分を保てません。

このタイプの男性は、その感覚を得るのが「誰かを支配する」ということなのです。

支配して、相手が言うことを聞けば「人を従わせる力がある」と思い、優越感を得ることができます。

 

③自分だけの女性であることを実感するために全てをコントロールしたい

付き合う=思うようにコントロールする、と思っている男性がいます。

要するに、「彼女は自分の言うことを聞いて当たり前」と思っているのでしょう。

常に彼女よりも優位に立ち、相手を支配することで「付き合っている」という実感を得ているんですね。

こういう男性は、今までの恋愛もこういった形であることが多いです。

育った環境や、周囲からの影響でこのような感覚になってしまっていることが多いでしょう。。

 

④相手に全くの信用がないので支配することで関係を保とうとする

基本的に人を信用できない人がいます。

過去に何か、裏切られるようなことがあったのか…ひどい扱いを受けたことがあるのか…。

そういった傷を持った人は、信用できないので相手のすべてを知っておこうとします。

その方法が「支配」なのです。 相手を支配し、何もかもを把握しておくことで安心するのです。

あなたが信用してもらえるよう動いても、この支配欲はなくならないでしょう。

根本的に相手を信用していないというのは、相手が何かをしても改善しないのです。

 

⑤自分が全てを支配しているという快感に依存している

他者を支配すると、ある種の快感を得ることができます。

逆にその快感に支配されると、その感覚から離れられなくなるそうです。

他人が自分の支配下にあり、思うように動くことによる快感は、依存性が高く、抜け出すことは難しいようです。

依存とは、中毒と同意。 こういった男性は、支配ができなくなると暴力的になることもあるので要注意!

 

⑥男性自身も支配欲が強いことを自覚していない

これはそもそもの彼の人格などによるものでしょう。

「支配している」感覚がないということは「これが当たり前」と思っているということです。

何もおかしくない、これが普通でしょ?という感覚になっていて、それに対して快感も、自己肯定もありません。

支配されている方は「支配されている」とストレスを感じていても、本人には罪の意識も何もありません。

理解させるのが難しく、話をしても「?」という感じでしょう。

 

支配欲の強い男性への対処法

支配欲の強い男性の事が好きで、それでも上手に付き合っていきたいと願った時にできることは、

その支配に従順に従う、か上手に彼を操作してお互いに気持ちよくいられるようにすることです。

「別れ」を選択しないのであれば、次にご紹介する対処法で彼からの支配を少し和らげるだけで、

あなたも彼も、とてもいい関係でいられるようになるでしょう。

 

男性の自己評価を高め自信を持ってもらう

まずは「自信を持ってもらう」ことです。

支配などしなくても、私はあなたの事を大切に思っていますよ、というのを感じてもらうこと。

基本的に支配欲の強い男性は「彼女を自分の物にしておきたい」という気持ちが強いです。

そんなことをしなくても私はあなたのものですよということを示すことが大事です。

徐々に自信を持ってくると、あなたに対する支配も和らいでくるでしょう。

自信を持ちすぎると違った問題も出てくるかと思いますが(笑)

「支配されている」とあなたが感じているのであれば、まずは彼に自信を持たせてあげてください。

こちらの記事も参考にしてください ⇒ 【セレブママが与えるもの】自信

 

秘密をなくすなど信頼関係を築くことで安心してもらう

相手が自分の知らないことを隠している…と感じると「知りたい」と思うものです。

そこから「相手のすべてを支配したい」と思うのが発端だったりします。

彼に秘密はありますか? 悪いことではないけれど、言う必要ないなと思って言わないでいることはありますか?

そういうのを全てさらけ出してみるのもいいかもしれません。 私の全てを知っていてね!という感じですね。

あなたの全てを自分が把握していると感じられれば、支配する必要がないと感じます。

ただ、本当に言わなくてもいいこともあります。

元彼のことや、男友達関係などの彼に不安を抱かせるようなことはオブラートに包むことをお勧めします。

あとは、彼の事が本当に好きだということを伝えることで安心させてあげましょう。

 

支配欲の強さは弱い心の裏返しなのかも

支配欲の強い男性心理は、本能もあるのでしょうが、心が少し歪んでしまっていることが多いです。

原因は様々ですが、たいていは彼自身の「支配せずにいられない」という心の弱さなのでしょう。

支配に耐えられない!という人は別れを選択するのでしょうけれど、それでも彼を受け止め、

自分も受け止め欲しいと願うのであれば、あなたがこの男性心理をコントロールしていくことが大事でしょう。

・彼に自信を持たせる

・支配がなくてもあなたの物だよとわからせる

・本人に自分のしていることを自覚してもらう

大事なのは相手を想う気持ちです。

彼にも、あなたにも相手を想う気持ちがあれば、「支配する」ことは必要なくなってくることでしょう。

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になった秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA