旦那さんの興味をガッツリ引き付ける!

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

・話したいことがあるのに、旦那さんが全然話を聞いてくれない。

・スマホアプリばっかりやって、旦那さんが興味を持ってくれない。

全国の奥様ごめんなさい。男はそんなもんです。

何か一つのことをやってると、途端に話が頭に入ってこないこと男ってよくあるんです。

あなたがた夫婦はいかがですか?

 

そんな時は「興味を持たせる」ということに集中してみてください。

実はウチの妻、これが上手なんですよ~

6月17日の「パパの日」10か月の息子に離乳食を食べさせようと頑張っている時、

ぐずってなかなか食べてくれませんでした。

あまりに泣き声がやかましいので、アンパンマンの動画を見させました。

すると妻が、「アンパンマンいつも録画してる~」と言ってきました。

「ほらっ!」とテレビ番組表に切り替え。

自然と私もテレビに目を向けました。

 

テレビに目が映った瞬間に妻が、「そして父になる」っていう映画も一緒に撮ったんだよ!

福山雅治主演でね、「こども取り違えちゃう映画なんだよ」

まず、福山にピーン!ときました。

そして「こども取り違える」・・・?何年か前の映画でしたが、知りませんでした。

パソコンで仕事をしようかと思っていたタイミングでしたが、途端に映画が気になってしまいました。

「パソコンやりながら見ようかな!」と早速見ることに。

 

私たち夫婦と重ね合わせ、時には批判し、時には笑いながら見ていました。

そして最後のシーン。

福山パパが息子ちゃんを追いかけて、謝って抱きしめるシーン。

未来の息子と自分を照らし合わせた私は泣いてしまった。

仕事ばっかりで、妻と息子を疎かにしてはいないだろうかと考えさせられました。

「できることならずっと家族と一緒にいたい。」

でも仕事疎かにしても生活できない。

そんな葛藤をしながら家庭を守るために覚悟を決めて仕事をしています。

どんなつらいことも耐えられます。

 

そして映画の後に、妻から「いつもありがとう」。

たった8文字でここまで男を奮い立たせるのか!

「一生かけて守ろうじゃないか。」と思わせてくれたのでした。

 

興味を持たせることから始まり、見事に旦那の私の魂に火をつけた妻の演出。

お陰で休みなんかなくても、プライベートなんかなくても、仕事と家庭の2軸で

毎日明るく楽しく生活していますよ♪

 

旦那さんを育メン愛妻家へ導くには、いろんな方法がありますよ!

詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

 

妻に導かれていると自覚しながらも、私は妻のために、そして家族のために気持ちよく動けますよ~♪

小山雄介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA