年収400万円会社員と年収2400万円社長の違い10選!

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

この記事では、お金持ち(潜在的なお金持ちも含めて)と貧乏人の違い10選に関して、私の経験談でお伝えします。

成功者と触れ合う中で変化していった私の思考パターンや価値観、判断基準を具体例などを交えて解説していきます。

 

年収400万円だった貧乏時代と、社長として年収2400万円になれた今とではどのように感覚が違うのかを、夫婦応援プロジェクト小山の実体験をもとにわかりやすくご紹介!

それでは早速見てみましょう!

 

 

仕事をする目的の変化

夫婦応援プロジェクト仕事の目的

 

年収400万円の会社員時代は?

貧乏人は生活するためにと、目先のお金を目的に働いていますが、私は元々社長になりたいという願望がありました。

自分の成長のために、将来の夢のためにと、自己実現が私の仕事の目的でした。

社長になりたかったかのは、就職先の元上司である社長に憧れていたからです。

大学生、新社会人の私には憧れや尊敬の対象であり、こんな男になりたいなぁという理想像が身近な人間から確立できたのはとても幸運だったなと思います。

 

年収2400万円の社長時代は?

お金持ちは自己実現を目的として仕事に取り組んでいます。

私はというと…

ずっと社長になりたいという目標で仕事に取り組んできたこともあり、社長になれてから目的を見失ってしまいました。

年収は1500万円を超えて、事業も半不労所得化できたこともあり、ゲームなどもするようになり、そんな私の様子を見てスタッフの気持ちも離れ、人手不足に陥りました。

強烈な人手不足を解消するために求人を出しましたが、今度は人が揃いすぎて割り振る仕事が無く、まともな給料を支払うこともできない。

新規事業に取り組み仕事を作らなければ!と奮起したタイミングで億万長者である起業コンサルタントと出会いました。

億万長者の思考、価値観、マインドに圧倒され多大な影響を受け始めました。

億万長者と自分を見つめ直し、情熱の持てる分野である夫婦応援プロジェクトで、日本中の悩めるご夫婦を支援しよう!と新たな仕事の目的が見つかりました。

私自身の思考、価値観、マインドも進化した結果、夫婦応援プロジェクトの立ち上げをしてから事業合併が2度も起こり、年収は2400万円を超えました。

人の人生に影響を与えたいという自己実現を目的とした結果、自然にお金が稼げてしまうという状況になりました。

 

 

困難に直面した時の対処の仕方が違う成功者は立ち向かう

 

年収400万円会社員時代は?

貧乏人は、困難にぶつかるとすぐに諦めてしまいます。

私の困難に直面したエピソードをご紹介します。

私は18歳から25歳まで貯金の鬼になっていました。

というのも、社長になりたいという目標があったので、独立開業資金のために娯楽や趣味を一切排除し、超節約生活を送っていたからです。

そんな中、一気に貯金額1000万円を突破しようと投資に挑戦しました。

お金の使い方を学んでこなかったせいでまんまと投資詐欺に引っかかってしまい、全財産の650万円を失ってしまいました。

一度は死んでしまった方が楽だと考えましたが、2年で元に戻すと決意と覚悟を決めて、さらなる貯金の鬼に変貌を遂げました。

そして見事に2年間で650万円を貯め直し、独立開業を果たすことができました。

 

年収2400万円の社長時代は?

独立開業を果たしてからも困難が訪れます。

それは強烈な人手不足でした。

2人分の作業を毎日こなしながら、職場で仮眠をとり、全部自分で事務作業や会計処理、電話の応対もしつつ、会議にも出席し、接待まで行っていました。

あまりの睡眠不足にろれつが回らなくなり、電話応対しても噛み噛みで何を言っているのかわからない状態にもなってしまいました。

そんな状況に追い込まれても、高い求人費を払って人を揃えて指導して・・・

2か月間は本当に絶望しかありませんでしたが、乗り越えた先には半不労所得化と、お金を使う判断基準、人との接し方の見直しなどの内面的成長がありました。

 

 

人との付き合い方が違う

経営者仲間との集合写真

 

年収400万円会社員時代は?

貧乏人は、好き嫌いや居心地のいい相手と付き合う傾向にあります。

私も会社員時代はこれに当てはまりました。

成功している人は、精神論ばかりで理想や夢を語りたがって、当時自分が抱えていた悩みとはほど遠い話をしていました。

居心地が悪く、自分の存在に価値が無いように感じ、自信を徐々に失っていき、愚痴を言い合う相手が欲しかったのを覚えています。

自分より上のステージの人から学ぶ視点はありましたが、自分とのギャップが大きすぎてどこか被害者意識で物事を考えてしまうところがありました。

 

年収2400万円社長時代は?

今ではお付き合いする人間を信用できるか否かで選ぶようになりました。

一般の会社員とは思考、価値観、マインドが合わず居心地が悪いので、サラリーマンの方とは飲みに行かなくなりましたし、経営者仲間としか飲みません。

同じ視線で熱く語ることもできますし、基本的に愚痴や不満を言うことはありませんので、今後どうしていくかと発展的な話ができます。

また、私がどんな予定もキャンセルしてお付き合いする人は二人います。

元上司の社長と億万長者である起業コンサルタントです。

このお二方は私の中で最大限信用できる方ですし、私自身もこのお二方の信用を損ねないように今後もお付き合いしていきたいと心から思っています。

 

 

お金に対する価値観が違う

お金に対する感覚

年収400万円会社員時代は?

貧乏人はお金が人生を幸せにしてくれるものだと考えています。

私自身も、お金があれば何でも買えて、やりたいこともできて、何不自由なく暮らせると目先のお金を追いかけていました。

独立開業したい、社長になりたい、高級車に乗りたい、まさに私利私欲のためにお金を稼ぎたいという思考回路になっていたのです。

こんな思考回路ではお金が稼げるわけがありません・・・

 

年収2400万円社長時代は?

お金はただのツールだと思っています。

人に信用してもらうための道具、人に価値提供するための道具、人に感謝を示すための道具、大切な人を守るための道具。

お金自体には価値はありません。

「お金は信用を数値化したもの」とよくお伝えしますが、全ての人に対して信用を積み重ねていれば自然とお金は入ります。

目先のお金を追う必要は全くありませんというのが結論です。

だから、「お金は後からついてくる」と言われているんですね。

 

 

お金の使い方が違う

記念日に豪華にお金を使う

 

年収400万円会社員時代は?

貧乏人は、自分の趣味、娯楽、快楽にお金を使ってしまいます。

私は会社員時代から「社長になる」という明確な目標がありましたので、まとまった資金を作るためにお金は浪費しませんでした。

元々、人生を飛躍させるための内面的要素を持ち合わせていたというわけではなく、元上司の社長に導いてもらった結果です。

「社長になる」「独立開業する」「影響力を持った男になる」という目標を持たせてもらったことで、自制心が効いていたということだと理解しました。

 

年収2400万円社長時代は?

お金を使うマインドセットが整ってきた感覚はあります。

お金を躊躇いなしに使う基準は、生活必需品、事業投資、人の気持ちが自分に向くこと。この3つで、お金を活かすことを考えます。

自分の趣味、娯楽、快楽、などにお金を使うのがもったいないし、無駄にしか感じられなくなり、いつしかビジネスが趣味、娯楽になりました。

価値提供しつつお金も稼げるなんてとても楽しい!

 

 

生活水準に対する考え方が違う

生活感がわかる写真

年収400万円会社員時代は?

社長になる、独立開業する、結婚して挙式するという目標もあり、生活水準を上げないように強く意識していました。

生活水準を上げてしまい、途端に転落する一発屋芸人を見ては、「こうはならない!」と心に決めて生活していました。

生活水準を上げてしまうと戻すのがとても苦痛になります。

いろんな周りの人たちを見て、反面教師にして自分を戒めていました。

 

年収2400万円社長時代は?

収入がUPすると、生活水準を上げてしまう人が多いかと思います。

ですが、私は年収400万円時代の生活のまま維持しています。

車は元上司の社長から譲り受けたボロボロの8万円のワゴンR、服やブランド品も興味なし、くだらない飲み会にも行かない。

ですが、事業投資にはボン!とお金を使う。

いや、生活水準を上げずに暮らしているため、事業投資するチャンスでお金が使える状態になっていると言った方が正しいかもしれません。

累計投資額は、2700万円を超えました。

 

 

当たり前の基準値が違う

 

年収400万円会社員時代は?

貧乏人の特徴と同じく、法律で定められた基準と同じでした。

なんで俺はこんな生活なんだ、一日何時間拘束されているんだ、年間の休日少なすぎるだろと被害者意識が強い状態でした。

この感覚はほとんどのサラリーマンが抱く心境だと思います。

一日8時間労働、週休二日制がベースとなっていて、それが一般的なサラリーマンの基準値と言えます。

ですが、みんなと同じ条件で仕事していても差別化にはならないので、みんなと同じ収入にとどまってしまいます。

 

年収2400万円社長時代は?

目標や夢など、やりたいことが明確なので、むしろ休んでいる時間がもったいないという感覚になりました。

私がビジネスに取り組む感覚は、ゲームのような感覚です。

ハマっているゲームだと、寝る間も惜しんでやりたい、ちょっとの時間でも進めたい、全てのことを保留にしてやってしましたい。

ゲームにはまったことがある人は、そんな衝動に駆られたと思います。

まさにこの感覚で私はビジネスに取り組んでいます。

 

 

自己成長に対する意識が違う

自己成長のための夫婦応援プロジェクト

年収400万円会社員時代は?

貧乏人は、自分を成長させて人生を豊かにしていこうという視点が皆無です。

将来の目標や夢があったとしても、ほとんどの場合希望的観測で終わります。

私自身も社長になりたい、独立開業したい、と漠然と思い描いているだけで、それに見合った行動はしていませんでした。

それを実現するために勉強していたことは皆無だったのです。

 

年収2400万円社長時代は?

独立開業してから己の無知さと非力さを痛感していきます。

お金を稼げるビジネスモデルを成功者から提供してもらっただけで、全然お金を稼ぐスキルや知識がありませんでした。

自分の無知を認めて成長させようと意欲的になったのは、億万長者である起業コンサルタントに出会ってからでした。

貪欲に個人ビジネスの始め方を学び、知識やスキルを磨いていって、独自市場やオリジナル商品を開発をすることができました。

また、成功者マインドや心理学を学んでいったことで、本部から声がかかって事業吸収をし、収入を飛躍的にUPさせることができました。

 

 

行動力に関しては圧倒的に違う

行動したことにより、億万長者との対談ができた

 

年収400万円会社員時代は?

貧乏人は、目的意識が無いのでちんたら行動してしまいます。

私もまさにそれで、やらされ仕事、やっつけ仕事でこなしていたためそこに自己成長や自己実現の要素はなく、惰性で仕事をする日々。

能動的に自発的に意欲的に行動に移すことはできていませんでした。

結果、成功者と比較すると圧倒的な行動量の差が生まれていました。

 

年収2400万円社長時代は?

今では自己実現のフレーズに入っているので、行動量は会社員時代と比較すると数倍にUPしています。

成功者マインドを人に伝えたい。

悩めるご夫婦を救い出したい。

個人起業家としてビジネスを作るお手伝いをしたい。

ビジネスとしてやりたいことが多くて、意欲的に行動量を増やしています。

本業の物販の社長をこなしながら、家族サービスをして、夫婦応援プロジェクトをして、独自市場を毎日構築して。

自分のプライベートな時間はありませんが、ビジネスに取り組んでいる時間がそもそもの趣味なので、まったく苦痛じゃない!

毎日毎日楽しく生活をしています。

 

 

人間心理との向き合い方が違う

人間心理を大事にする小山

年収400万円会社員時代は?

貧乏人は人の気持ちを害することを平気でやってしまいます。

会社員時代の私もそうで、会社や業界を否定したり、成功者である社長を否定したり、従業員さんを否定したり・・・

人間心理に向き合うという視点が無いので、人の協力は得られず、なかなか人にも認められず、生活はよくなっていきませんでした。

自分は頑張っているのに認めてもらえない。

こうなると自分のことばかりになり、余計に人に認めてもらえませんでした。

 

年収2400万円社長時代は?

「ビジネスとは、人間心理を読み解くこと」だと億万長者から教わりました。

人が何に困っていて、何を望んでいて、どう考えているのか。

人と接触し心理を探って行くことで、これらがわかるとビジネスとして成り立ちますし、人間関係も良好になります。

今では全人類が学ぶべきは「人間心理」だと確信しています。

ビジネスを通じて今でも人間心理を研究し、実験し、結果を得ていくことにフォーカスしています。

なぜなら人間心理を読み解くことが、人生を豊かにする秘訣だからです。

 

私のエピソードを通じて、私の内面の変化をBefore→Afterとして表現しました。

ぜひ参考にしていただき、ご自身の人生にお役立てください!

 

 

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になった秘密

関連記事

【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!
そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では
「年収3000万円の社長のマインドセット」
 ×「億万長者であるコンサルタントの教え」
  ×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」
を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を
増やしていくための活動をしております。

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@hu-huproject.com

セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト 夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では「年収3000万円の社長のマインドセット」×「億万長者であるコンサルタントの教え」×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を増やしていくための活動をしております。

〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34

03-5659-0377

03-5667-5218

10:00~17:00
定休日:日曜・祝日