宇宙の法則⑤ リズムの法則

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

今回は、宇宙の法則の第5弾「リズムの法則」について解説させていただきます。

宇宙や自然や世界には”リズム”があり、それは「運の流れ(運気・運勢)」でもあり、それらを知る(掴み・乗る)ことが成功の鍵ということです。

この宇宙に流れるリズムに逆らっていては、夢や願望は叶うことなく、人生が好転することもないということになります。

それでは順に見ていきましょう。

 

リズムの法則ってなに? 

私たち人間は宇宙のリズムの中に生きています。

月は地球を回り、地球は太陽の周りを回っています。

そのことでつくり出される昼と夜というリズムが、私たちの生活の中心です。

リズムの法則とは、あらゆる地球上の生き物は、宇宙のリズムの中で生きていて、宇宙はリズムを刻みながら、あらゆる調和とバランスをこの世界にもたらしているという概念のことです。

人の人生にもリズムがあり、仕事にも恋愛にも家庭にも感情の浮き沈みにも必ずリズムが存在し、そのリズムに乗ることも逆らうことも選べます。

占い、占星術、風水などが「当る」理由は、天体の動きをベースにした宇宙のリズムを膨大なデータベース化することで、導き出されているからだと言われています。

自分の人生が停滞していたり、逆風が吹いている時は、ただやみくもに頑張るのではなく時には休み、時には辛抱強く耐え、時には挑戦することができるようになります。

あなたが何かに挑戦しようとするとき、絶妙なタイミングですべてのものごとが停止し、うまく進められるようにしてくれるなんてことはあり得ません。

この世で起こることはすべて停止することはなく、一定のリズムを刻みながら動いているのでベストなタイミングを見計らって、流れに乗っていくのが人生です。

 

極性の法則とリズムの法則

 

極性の法則では、全ての物事は二極性であり、良い面と悪い面が対を成して、二つ揃って一つであるという法則でした。

この世の中のあらゆるものが二極性を持って存在しています。

この性質を理解して流れに身を任せ、リズムに乗ることが重要です。

私たちがいるこの宇宙は、絶えず変化が起こり、絶えず進化しながら時の流れと共にリズムに任せて流れていきます。

これがリズムの法則でしたね。

このリズムを断ちきってしまう人と、リズムに乗ってスイスイ行ってしまう人の2通りがあります。

人間の内部に存在する感情というリズムも一定ではなく常に動いています。

同じ物事でもネガティブな感情とポジティブな感情があります。
 
悲しく辛い事があれば思考や心境はネガティブへと大きく振られ、嬉しいこと楽しいことがあれば思考や心境はポジティブへと大きく振られます。

物事をネガティブな方向へ受け取ってしまったことで、人生そのものがマイナスイメージになってしまう人が多いのです。

それとは反対に、ポジティブな方向で受け取っていける人は、人生がより豊かなものへと作られていきます。

うまくいっている時は問題ありませんが、マイナスな出来事が起こった場合、プラスの要素に目を向けていくことで、リズムに任せて人生を歩むことができます。

また、うまくいっている時に悪くなってしまう原因を作る場合もあり、どん底へ転落することもあります。

これには訓練が必要で、中心を掴んでいくことが重要であると言えます。

幸せ、愛、平和しか知らない人は、幸せになりたいとは思わないし、愛の喜びも知らない。だから感謝できずに当たり前になってしまう。

不幸、憎しみ、貧乏、裏切りなどを知ってるからこそ感謝が生まれます。
 
これを知ることで、人生の悪いリズムがきても次はいい波がくると思えますし、気付き、感謝するタイミングだと思えるようにもなります。

 

リズムの法則が働いている具体例

リズムの法則では、宇宙の全ての物事が波打って変化しているとお伝えしました。

良かったものから一転して悪くなってしまったり、悪かったものから一転し良くなったりと絶えず変化をしていきます。

宇宙は絶えず破壊と構築を繰り返しています。

この移り変わり、流れの法則が「リズムの法則」です。

 

<良かったもの、うまくいっていたものが転落へ・・・>

こういった事例を、現代でもよく目にします。

・あんなにTV番組に引っ張りだこだった芸能人が、急にTVから姿を消してしまった。

・一躍時の人となったアスリートが、薬物などの違法行為によって社会的信用を失い、転落の人生を歩む

・大企業の社長を務め、「富・名声・地位」あらゆるものを手にしていた成功者が、不正により地に落とされる

 

<うまくいっている人は、苦境を乗り越えている場合が多い>

・私の元上司の社長は、友達が中身のシールを抜き取って捨てたビックリマンチョコを喜んで食べていたくらい貧乏だったようです。

・私のメンターの億万長者は、ブラック企業での社畜生活、月収10万円&一日17時間の過酷な労働を経て飛躍されました。

・私自身も、26歳の時に650万円の全財産を詐欺師に持っていかれ転落しましたが、今では小さな会社の社長になれました。

 

このように、全ての物事に二極性の側面があり、突如として対極の物事も起こり得ますし、一気に転落することもあれば飛躍することもあります。

宇宙のリズムに乗っかり、絶えず進化を求め成長していく意識があれば、常に中立なポジションが維持でき振れ幅は少なくなっていくことでしょう。

 

リズムの法則の活用事例

極性の法則に基づいて考えていくと、全ての物事は二極性で、いい時も悪い時も片方に振りきっている状態であり、極端な状態であると言えます。

意志の力で感情の浮き沈みというリズムをコントロールできるようになれば、影響を受けることが少なくなります。

マイナス思考が炸裂しているときに、プラスな方向へ考えるトレーニングをすると、中和されてまたリズムに乗れるようになってきます、

いいことが続いているときには、敢えて最悪な未来を想定しておくことで自制心を保つことができ、リズムをコントロールできるようになります。

ここで、私自身が両極端な時にどう対処していたかご紹介します。

<悪い状態の時>

・全財産650万円を失った際はひどく落ち込みましたが、「2年で元に戻す!!!」と奮起し、強い意志で立ち向かうことができました。

・スタッフが同時に4人辞めて強烈な人手不足に陥った時は、人手確保と定着のために新規ビジネスに挑戦することができ、億万長者に出会う

・借金まみれの危険な従業員とトラブルが起こった時は、社内の規定を見直すきっかけとなり、警察や社労士と対策をとることができた。

<いい状態の時>

・事業が半不労所得状態になった時は、新しいことに挑戦し、敢えて忙しい状態に自分を追い込んで行った。

・追加で事業を任されることになった時は、働く人の気持ちに敏感に意識を向けて、士気を高めるように心がけた。

・新築戸建てを購入した時は、今の事業が廃業になる未来をイメージして自分を戒めていった。

悪い状態の時はその状態から解放される未来を想像し、いい状態の時はそれを失った最悪な未来を想像することで、常に中立なポジションを心がけています。

こうすることで自制心を保ち、宇宙のリズムに任せて波に乗るようにしています。

 

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になった秘密

関連記事

    【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

    セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

    夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!
    そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では
    「年収3000万円の社長のマインドセット」
     ×「億万長者であるコンサルタントの教え」
      ×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」
    を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を
    増やしていくための活動をしております。

    屋号 合同会社オルフェーブル
    住所 〒134-0013
    東京都江戸川区江戸川6-18-34
    電話番号 03-5659-0377
    営業時間 10:00~17:00
    定休日:日曜・祝日
    代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
    E-mail info@hu-huproject.com

    セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト 夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では「年収3000万円の社長のマインドセット」×「億万長者であるコンサルタントの教え」×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を増やしていくための活動をしております。

    〒134-0013
    東京都江戸川区江戸川6-18-34

    03-5659-0377

    03-5667-5218

    10:00~17:00
    定休日:日曜・祝日

    Please enter an Access Token on the Instagram Feed plugin Settings page.