宇宙の法則② 投影の法則

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

今回は、宇宙の法則の第2弾「投影の法則」について解説させていただきます。

投影の法則はよく、人とのコミュニケーションにおいて活用されます。

この投影の法則の内容を、私は社会人になりたての頃に、元上司である社長からマネジメントの一環として指導されていました。

投影の法則を理解して接することができるようになると、相手の承認欲求を満たすことにもつながっていますので、人間関係は円滑になっていきます。

 

投影の法則ってなに? 

投影の法則とは、自分の性質が相手の中に見えるという法則のこと。

人間は「今」意識しているモノしか見えませんし、自分が気が付いていないことに関しては全くと言っていいほど気が付きません。

・出産を控えた妊婦さんが、街中を歩いているとやたらと子連れの家族が目に入ってきたり、小さな赤ちゃんを見ては愛おしく感じます。

 ⇒子連れで街中を歩く憧れを持っていたり、小さな赤ちゃんが笑う姿に幸せを感じるから、他人のこういった光景がまぶしく見えるのです。

  意識しているからこそ気が付くようになったのです。

・体型を気にしている奥さんは、ナイスバディなモデルさんを見ては「いいなぁ私もこうなれたら」と憧れを持つようになります。

 ⇒体型を気にしているということは、「ナイスバディ―で男性の目を引ける女になりたい」と思っていて、モデルを羨ましく思います。

  意識しているからこそ、モデルに意識が向くようになったのです。

・子供の教育や、躾に対してものすごく敏感な奥さんは、旦那さんの何気ない行動に過剰に反応し、旦那さんを否定したくなります。

 ⇒旦那さんがやっているような教育上よろしくない子供への態度は、「私なら絶対にやらない」と奥さん自身が過剰に嫌っています。

  奥さん自身が意識するからこそ、旦那さんの行為に目が向きます。

・共働きをして、家計をラクにしたいと無理をしている奥さんは、家庭でだらだらする旦那さんに敵意を感じてしまいます。

 ⇒「家計がカツカツだからダラダラしてはいけない」と奥さん自身が自分を許せていないから、旦那さんを許せないんですよね。

  奥さんの意識が強いから、旦那さんの惰性に腹が立ちます

・自分を認めてほしいという奥さんは、旦那さんが認めてくれないような態度をとると、旦那さんを攻撃するようになります。

 ⇒これが一番厄介な感情で、相手を認められないのは、自分自身で自分を認められず、相手に認めてもらえないから。

  自分を肯定できないと、旦那さんも肯定できません。

このように、自分自身が意識していることや気が付いていることを、相手の行動や発言を通じて見えるようになっているだけです。

旦那さんへ不満や愚痴を多く言ってしまう奥さんが非常に多いです。

ですが、それはその奥さんがそう感じているだけで、日本中の奥さんが全て同じように感じるかというとそうではありません。

仕事をして、家庭にお金を入れてくれるだけでもありがたいと思っている奥さんにとっては、旦那さんへ不満や愚痴を言うことすら思いつかない奥さんもいます。

旦那さんが怠けているように感じて許せないのであれば、それはきっと「奥さん自身が怠けている姿勢」を許せないからでしょう。

こんな状況になると、「旦那は怠けてばっかりで役に立たないから私がやらなくちゃ」という思考になり、余計に旦那さんを否定し暴走します。

そんな一人で突っ走る奥さんを見ては、旦那さんはやる意を無くし、家庭での存在意義を無くし、さらに動けなくなってしまうのです。

 

他人は自分の写し鏡

現代は特にモノやサービスが溢れていていますので、自分自身が意識していたり、体感して知っていることでないと気が付くことができません。

普段の私生活において「なんか嫌な人だな、いい感じの人だな」と気が付いたことに関しては、あなたの注意が向けられている内容になります。

人は自分自身の物差しで、人や物事を判断しているのです。

・なんか愛想がなくて嫌な感じの店員さんだなぁ

・ここの飲食店は、いい感じの店員さんばかりだしまた来たいなぁ

こう思う人は、自分自身も仕事で接客に関して常に気を遣っていて、より感じのいいお客様対応を心がけている人ではないでしょうか。

・うちは共働きなのに、旦那さんがちっとも家事や育児をやってくれない

・私は専業主婦だけど、旦那さんはいつもゴミ出しをやってくれる

旦那さんに関していろいろ感じる奥さんは、旦那さんの家庭での過ごし方に対して敏感で、つい気がついてしまう奥さんではないでしょうか。

人に対して感じる要素がマイナス面ばかりな場合、自分自身のことが嫌いな部分の方が多いから、他人の悪い部分ばかりに意識が向きます。

自分自身のことが好きであったり、肯定できていたらどうでしょう?

自分の欠点さえも肯定的にとらえているので、もちろん相手に対してもプラスのイメージが働き、いい面が自然と感じ取れるようになります。

相手の嫌な部分しか感じ取ることができない場合、あなた自身のことを認めてあげられていないため、自己肯定感が低い状態であると言えます。

自己肯定感が低い人ほどその事実をわかっていなく、「私は悪くない。全ては相手が悪い」という心理状態に陥ります。

自分で自分を認めることができないので、正当化して虚勢を張ります。

良いことも悪いことも、起こっている全ての出来事は自分の責任なのです。

旦那さんが協力しないのも、奥さんが旦那さんをそうさせているのです。

 

嫌いな人が多い人は、人から嫌われる要素が多い人?

旦那さんに対して嫌な部分にしか目がいかない奥さんは、同じように関わるいろんな人に対しても嫌な部分にパッと目が行きます。

これは思考回路がマイナスな状態になっているからであり、ポジティブな発想になることが極端に少なく、常に人を批判するようになっているからです。

なぜマイナスな思考回路が生まれてしまうのでしょうか?

答えは簡単です。自分自身の存在を肯定できていないからです。

「私なんかどうせ幸せな人生を歩めやしない」

「私が頑張ったところで、旦那さんは私に協力してくれない」

「職場で気が利かない人が多いから結局私がやることになる」

常にこうしたイメージを持っていて、自分自身の存在を肯定できていないため、その影響が周りの人たちへ出て批判するようになります。

周りの人たちを批判するわけですから、「自分のことを棚に上げている」と言われないように完璧な自分を追い求め、さらに人を批判します。

そんな自分自身を肯定してくれるような存在が「いい人」になります。

このように、自己肯定感の低さが自分自身を否定することに繋がり、マイナス思考が強くなって、周りの人たちを否定し始めます。

したがって嫌いな人が多い人は、マイナス思考が強いことがわかります。

そう、人のいい部分に気がつく能力が異常に低いのです。

人のいい部分に目が行かず、いつも人のあら捜しをしているような人ってどうですか?一緒にいたいですか?

嫌いな人が多いということは・・・自分自身が嫌いだということなんです。

 

投影の法則が活かせた事例をご紹介

それでは、私自身の実体験より、投影の法則に関するエピソードをご紹介したいと思います。

元々私は過去の様々なショック体験が重なって自己肯定感が低かったこともあり、周りの人たちを否定したり批判したりする習慣がありました。

これを打破するきっかけになったのは、強烈な人手不足でした。

私が独立開業して2年が経つ頃、特に何もしなくても収入があったこともあり、惰性で生きてしまっていました。

そんな様子を間近で見ていたスタッフは、内心思うことがあったようで、突然11人中4人が辞めてしまうという深刻な状況に陥りました。

この状況ではまずいと覚悟を決め、予算100万円で人を揃えました。

60万円かけたところで不足したスタッフを補うことに成功。

ですが、ここで新たな問題が起こります。

「社員に任せる仕事がない・・・このままじゃ月に20万円以上の給料を支払うことができない・・・」

新たに採用した社員に給料をたくさん支払うことを目的として、新規事業を模索し始めました。

その中で起業コンサルタントに出会い、教えを受けることで、ネットビジネスに取り組んで行くことなります。

新しい事業に全力で取り組みたいという想いと、成功者マインド=価値提供マインドということを教わり、思考を訓練していくことになりました。

そんな中、私のひとつの課題が見つかりました。

「起業について勉強するために、どうやって時間を作っていこうか」

真剣に考えた私は、ある思考の結論にいたります。

「私が関わる全ての人の気持ちを自分に向けて、協力してもらおう」

このように考えるようになったのです。

この思考回路が作られたことで、大きな転機となりました。

私が所属するこの業界は浮浪者が流れてきたり、自分で住宅を借りられなかったり、借金を抱えて切羽詰っている人が多い業界です。

それまではこういった人たちを見ては、関わりたくないと思っていました。

ところが一転。「この人たちの強みは何だろう?」

そう考えるようになった私は、人のいいところに目が向くようになります。

・1人目は、自分の価値観を人に押し付けてしまい、人とうまくやれない人でしたが、強靭なメンタルがありました。

・2人目は、脳梗塞を患ってから言語障害がありますが、私の言った事は素直に聞いてくれる心強い存在でした。

・3人目は、不潔な雰囲気で体臭もひどかったですが、基本業務は誰よりもこなし、スピードが抜群なスタッフでした。

・4人目は、借金に追われ人に攻撃を仕掛けるような人でしたが、親しみやすさがあり、営業に向いている性格でした。

・5人目は、何事にもネガティブでしたが、物事の理解度は高く、仕事を覚える能力は抜群でした。

・6人目は妻。育児に追われて大変な様子でしたが、私が新規ビジネスに挑戦できるよう時間を作ってくれました。

良くないところにも目が行きますが、今まで気がついていなかった相手の得意なことやいいところに目が向くようになります。

たくさん給料を払うために、新規ビジネスに挑戦するためには、人の時間や労力を借りなければ何もできない!

私自身の意識が変わったことで、相手に見えるものも一瞬で変わりました。

人のいい部分に目が行くようになったので、当然相手にもそれは伝わり、相手も気持ちよく仕事をしてくれるようになりました。

結果的に、元々の事業は半不労所得化でき、ネットビジネスという副業で月収100万円の商品を作ることができ、実際に販売できました。

まさに、「他人は自分の写し鏡」を体感した瞬間でした。

今では人のいいところを伸ばして良好な関係を築き、一緒に事業を発展させていく喜びを感じています。

人と衝突することも極端に減り、充実した毎日を送っています。

 

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になった秘密

関連記事

    【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

    セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

    夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!
    そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では
    「年収3000万円の社長のマインドセット」
     ×「億万長者であるコンサルタントの教え」
      ×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」
    を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を
    増やしていくための活動をしております。

    屋号 合同会社オルフェーブル
    住所 〒134-0013
    東京都江戸川区江戸川6-18-34
    電話番号 03-5659-0377
    営業時間 10:00~17:00
    定休日:日曜・祝日
    代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
    E-mail info@hu-huproject.com

    セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト 夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では「年収3000万円の社長のマインドセット」×「億万長者であるコンサルタントの教え」×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を増やしていくための活動をしております。

    〒134-0013
    東京都江戸川区江戸川6-18-34

    03-5659-0377

    03-5667-5218

    10:00~17:00
    定休日:日曜・祝日

    This error message is only visible to WordPress admins

    Error: No connected account.

    Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.