夫婦関係に使える行動経済学

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

今回は、私が会社運営や夫婦関係で活用している「行動経済学」をご紹介します。

日本大百科全書には次のようにあります。

行動経済学とは、人間がかならずしも合理的には行動しないことに着目し、伝統的な経済学ではうまく説明できなかった社会現象や経済行動を、人間行動を観察することで実証的にとらえようとする新たな経済学のこと。

非合理性な人間の行動に一定の法則性をみいだし、行動の癖や傾向を明らかにするのが行動経済学である。とのことです。

簡単に言えば、「人間はこのように行動する生き物」ということを体系化した人間心理を追及する学問のことです。

これがわかれば、あなたの周りの人間関係に当てはめるだけで、ある程度あなたが導きたいように相手を誘導できるようになります。

 

行動経済学 要素一覧

それでは、行動経済学の要素をご紹介します。

特に初心者が人間関係に応用できる物は、赤い字で示してあります。

 

 

コミットメント

コミットメント

未来のゴールや行動を決めて、必ず実行すると約束させること。

夫婦関係で言えば、自己肯定感の高め方⑤でもご紹介した通り、「2人の理想の未来を明確にする」ことで2人の共同作業を作ること。

こうしたコミットメントを2人の間で結ぶことで、2人の間に「この理想の未来を一緒に達成しよう」という共通の目的や約束が生まれます。

また、2人の理想の未来をイメージしてそれに突き進むことで、「自己暗示」をかけて強い意志を育むこともできます。

自己暗示の記事はこちら ⇒ 自己肯定感の高め方⑤ 理想の未来を明確にする

 

 

現状維持バイアス

どんなに相手を思うことであっても、どんなに正論であっても、どんなに素晴らしいことであっても、人はなかなかそれを受け入れることができません。

本来、人は変化を嫌う生き物なのです。

「お金が欲しい。夫婦円満になりたい。豊かな人生を歩みたい。」

という願望は持っていても、その願望を実現するために努力したり、新しく何かを始めたり、投資して学んだりということはできない人が大半です。

願望で終わっていて、現状そこまでは困ってないんですよね。

本気で変わりたいと思ってないから願望で終わるんですよね。

今この文章を読んでくださっている方も、「私のカウンセリング商品買って学んでくだされば夫婦円満に導きますよ」と言っても、行動に移せるのは3%くらいです。

現状維持の気持ちが強く働き、変えることはなかなかできないんですよね。

あなたもなかなか変われないのに、旦那さんにいろいろ求めるのって矛盾していませんか?

 

 

選択的意思決定

 

自分が選択したことは正しいと思い込みたくなる心理のことです。

それにより、自分の都合のいい情報ばかりを集めようとします。

この心理を利用して、奥さんが求めることに旦那さんを誘導したい場合、旦那さんになるべく多くの説得材料を提示するようにしましょう。

例えば、旦那さんにもう少し家事をやってほしいのであれば、

・子供にとって、あなたの仕事は見えないから、家事を少しやることでお父さんとしての威厳を示すことができるよね。

・あなたが家事やり始めたら、家庭的なお父さんの背中を真似して、子供たちにも刺激が与えられるかも。

・息子にあなたの家庭的な姿勢を見せることで、息子の夫婦生活も円満になれるかもしれないじゃない?

・ちょっと家事やり切れないから手伝ってほしいの

・やらなきゃいけないことが立て込んでて・・・これだけやってくれる?

・子供たちの教育のためにも、家族全員で当番を決めて家事をやろうと思うの。

こういったことをいくつも提示してみて、もし旦那さんが「率先垂範で子供に俺の背中を見てほしい」という気持ちがあれば、2番目の項目が旦那さんに響き、動くようになってくれるかもしれません。

何に響くかは人によって違います。

その人が重要視していること、大事にしている価値観、優先順位が上位の内容に触れることができれば、説得できる可能性は飛躍的にUPしていきます。

 

 

後悔回避

後悔回避

人は、猛烈に後悔するようなことは避けたいと思うものです。

この心理を利用し、旦那さんにやめてほしいことがあるなら、旦那さんが後悔するような未来を想像させてあげるのが効果的です。

例えば旦那さんがお金遣いが荒かったとします。

それを辞めさせたいけど、なかなか言うことを聞いてくれない。

そういった場合に、旦那さんが後悔する未来を想像させてあげます。

「このまま浪費続けたら、子供が大学卒業する辺りにはお金に困ると思うけど、大丈夫だよね!持ち家売却してボロボロの賃貸に引っ越せば何とかなるしね^^」

持ち家の売却に加えて、ボロボロの賃貸に引っ越すという最悪な未来。

これを脅しに使うのではなく、今のままでもいいか♪というスタンスで伝えることで、より後悔の念をイメージさせることができます。

 

 

極端性回避 (松竹梅)

松竹梅の法則

これは、よくビジネスで活用されるテクニックです。

販売したい商品で3つのコースを用意したときに、消費者は中間のコースを選びやすくなるという心理のこと。

クオリティーの高い商品なのか、安さ重視で購入を決めるのかの2択の場合、3コースあることで見栄が加わり、価格重視の消費者は真ん中のコースを選ぶ可能性が上がります。

これを夫婦関係に応用します。

これだけはやってほしいという最低限のラインのものを2つ用意し、あとの一つは絶対選ばないであろうモノをあえて用意します。

「ちょっと最近疲れがひどくて・・・何か一つでもいいから家事手伝ってほしい。料理、お風呂掃除、お皿洗いだったらどれがいいかな?」

この場合、お風呂掃除かお皿洗いを旦那さんの意志で決める可能性がUPします。

 

 

ピークエンドの法則

ピークエンドの法則

あらゆる経験の快楽・苦痛の記憶は、ほぼ完全にピーク時と終了時の快楽・苦痛の度合いで決まるという法則。

夫婦関係は会話が少なくなることで悪化していきます。

会話を苦痛なものにしないように、最後には旦那さんの気持ちいい言葉で締めくくる。

「結局結論は出なかったけど、話し合えてよかった。他の旦那さんは奥さんの話真剣に聞いてくれないみたいだから。なんだか嬉しい。」

こういった言葉をかけることで、「次回も妻の言うことには耳を傾けよう」と思ってくれるようになります。

普段夫婦関係が悪かったとしても、いざという時は全力でパートナーのサポートをする。

こういった関係性だと、夫婦関係は破たんしないものです。

 

 

損失過剰評価バイアス (損失回避性)損失回避

人間は実行することで得られるメリットよりも、デメリットの方が2~4倍強烈に印象を受けるという心理的な法則です。

良く例え話で出るのは、

「50%の確率で100万円獲得でき、50%の確率で100万円損するクジがあったら、挑戦しますか?」というもの。

ほとんどの人は50%の確率で損することを過剰に意識し、挑戦しません。

これを利用し、旦那さんに何かお願いしたり誘導したい場合は、「それをやらないことでの最悪な未来を提示する」ことが有効です。

旦那さんに浮気の気配を感じたときに、

「知り合いの奥さんの旦那さんが浮気してね、旦那さんの証拠をバッチリ押さえて慰謝料500万円踏んだくってやったって嬉しそうに話しててゾッとしたの。あなたはそんな人じゃなくて良かった。」

これを聞いて浮気をそのまま続けられる旦那さんはそうはいないでしょう。

 

 

心理的リアクタンス

心理的リアクタンス

人は普段、自分で選択して自由に意思決定できる環境にいます。

しかし、強く説得されたり、強制的に指示されたりすると、反発して逆の行動をとりたくなります。このことを心理的リアクタンスといいます。 

心理的リアクタンスにも2種類あります。

カリギュラ効果・・・絶対にこれはやらないでねと言われると反発し、やりたくなってしまいます。

ブーメラン効果・・・早くやりなさい!と強要されると反発し、やりたくなくなります。子供の勉強がいい例です。

これを夫婦関係に当てはめると、カリギュラ効果を意識して旦那さんにやってもらうことが理想です。

「節約していかないと、今のままだと老後破綻してしまうよ。まぁあなたがそれでよければそれでもいいけど。」

老後破綻してもいいならそれでもいい。

この未来を推奨することで、「そうはなりたくない!」という反発を狙ったテクニックです。効果は試してみないとわかりませんが、効果が出る場合もあります。

 

 

サンクコスト(埋没費用)埋没費用(サンクコスト)

サンクコストとは、事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止をしても戻って来ない資金や労力のことを言います。

多少夫婦喧嘩があったとしても、今までの交際と結婚生活に費やしてきた費用や労力、時間などを考えると長ければ長いほど離れるには抵抗があるという心理です。

このサンクコストの心理より、一緒にいることでの苦痛が上回った場合に離婚という選択肢に踏み切ります。

キャリア女子や起業女子でない限り、女性だけの力で生きていくにはとても大変な時代です。

子供がいたらなおさらです。

当然、夫婦関係が悪かったとしても旦那さんとまだ生活を共にしている以上は、旦那さんも同じ心理であると言えます。

ですから改善するのは今なんです。

より関係が希薄になる前に、改善のための勇気ある一歩を踏み出しましょう。

ぜひ、私のブログを読んでくださっているあなたには、この価値提供マインドを養っていただき、幸せな人生を手に入れてほしいなと思います。

 

 

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になった秘密

関連記事

【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!
そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では
「年収3000万円の社長のマインドセット」
 ×「億万長者であるコンサルタントの教え」
  ×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」
を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を
増やしていくための活動をしております。

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@hu-huproject.com

セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト 夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では「年収3000万円の社長のマインドセット」×「億万長者であるコンサルタントの教え」×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を増やしていくための活動をしております。

〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34

03-5659-0377

03-5667-5218

10:00~17:00
定休日:日曜・祝日

Please enter an Access Token on the Instagram Feed plugin Settings page.