千葉こどもの国キッズダムに家族で行ってきました

こんにちは!

フランチャイズオーナーズラボの小山です。

 

フランチャイズ本部から「キッズダム」の入園チケットを格安で仕入れることができましたので、早速休日に家族4人で行ってみることにしました。

船橋市のIKEA、ららぽーと船橋、vivit南船橋が連結している場所の道路が10キロ近くにわたって渋滞していてキッズダムに向かう途中でイライラモードに突入しました。

それまではスイスイ行けたので、「高速に乗らなくても大丈夫そうだなぁ」と思い、入り口を過ぎた途端にありえない行列の山が・・・

「バックして高速乗りてぇ~!!」と激しく後悔しました。

 

予定より1時間遅れで到着。

入園してからランチしているようでは時間がもったいないということで、事前にパンやサンドイッチを買っておいたのは大正解!

車で食べていなかったらもっと遊ぶ時間が減ってなにもできないところでした。

 

キッズダム入園ゲートのお城

 

キッズダムの入園ゲートを潜り抜けて最初に登場するオブジェがピンクのお城!

一定時間ごとにお城が動くように設計されていて、上にぐんぐん伸びて2倍の高さになります。

残念ながらそのショットは写真に収めておらず・・・笑

 

怖かった恐竜ランド

恐竜ランドのトリケラトプス

 

恐竜ランドに到着。

4日前に息子にチケットを見せたら「恐竜行きたい!」と激しく興奮していたので喜んでくれるかと思いきや、リアルな恐竜のおもちゃを見た途端、怖くなって泣き出します。

結局息子は怖がって写真を撮ることができず、妻と娘での撮影。

 

恐竜ランドのブラキオサウルス

 

入り口に入っていくと首を左右に動かすブラキオサウルスが登場!

これにはまさきもりのもビビってしまい、館内に響き渡る声で泣きだします。

でも娘のりのは頑張って写真を撮りました。

泣きながらピースをしています笑

 

恐竜ランドでツーショット

 

「あんなに恐竜楽しみにしていたじゃん!」「この恐竜はおもちゃだから怖くないよ!」といったところで子供には通じません・・・

あまりに怖がっていて後ろのお客さんに迷惑かけまくり!

進路を先に譲って、少し離れて二人で写真を撮ることができました。

ちなみに娘のりのが指を指している方向には何もありません笑

 

恐竜ランドで泣きわめく二人

 

さぁどんどん行きましょう。

この恐竜はなんという名前かわかりませんが、たまごから孵った赤ちゃん恐竜でなだめようとしました。

が、泣き止む様子もなく泣き顔で撮影。

りのちゃんの手の出し方がドスコイに見えてしまうのはナイショ。

 

恐竜ランド化石の前でピース

 

恐竜から変わって化石の前では動かないと分かっているのか大人しく写真が撮れました。

何歳ですか?の呼びかけにちゃんと二人とも反応できました。

恐竜ランドは施設的には小さめですが、所狭しと撮影スポットがたくさんありますね!

 

恐竜ランドで大声で泣くりのちゃん

 

この恐竜のキバの迫力にまた泣き出してしまいました。

まーくんは恐竜が襲い掛かってこないか心配で、カメラの存在は忘れて警戒しています。

しかしりのちゃんの泣き顔の方が迫力がある気がしますね~。

 

恐竜のたまごの中でツーショット

 

最後は恐竜ランドの出口にあるティラノサウルスのたまごの泣かから二人で撮影!

たまごの穴からもっと顔を出して欲しかったですがこれが限界です。

りのちゃんの後ろにはママも隠れています。

泣いてばかりでしたが、いいリアクションが見れました。良しとしましょう♪

 

回数券でキッズダムを満喫

キッズダムは1000円券、3000円券、5000円券の回数券が変えて、5000円券を買うと1000円分のチケットが追加でもらえます。

なかなか来れるところでもないだろうということで、5000円券を購入。

早速園内のアトラクションを楽しみに出かけます。

 

消防車カートに乗るまさき

 

まずはGOGO消防車!

メリーゴーランドタイプのアトラクションで、中央のおもちゃの的に向かって水鉄砲を発射します。

ずっと恐竜ランドで泣き叫んでましたが、ようやくいつものまーくんに戻りました。

 

消防車カートに乗る妻と娘

 

りのちゃんはすまし顔で水鉄砲を放っています。

ママと一緒にアトラクションに乗れて落ち着きを取り戻しました。

パパが外から撮ってたらもっといい写真が撮れたんじゃないかなと後悔。

 

キッズダムで夢中になってアイスを食べる

 

続いてゴーカート近辺にあるアイスクリーム自動販売機で買ったアイスを食べる様子。

口の周りを白くしながらアイスを夢中になってぺろぺろしています。

ゴーカートは運転免許が必要なので、妻は乗ることはできずパパとまーくんで乗りました。

 

子供二人でゴーカートに乗る

 

続いてミニカート広場に到着!

3歳以下は保護者同伴じゃなきゃダメということでまーくんとママが一緒に乗るのを予定していましたが、スタッフの気遣いで子供二人乗車+保護者が後ろから付き添いでOKとアドバイスをもらいました。

その発想はなかったので夫婦二人で歩きながら後ろを追いかけていきました。

 

キッズダムトレインにて

 

次はキッズダムトレインです。電車はやっぱり好きで、二人ともはしゃぎ始めます。

さっきまで恐竜ランドで泣き叫んでいたとは思えないハイテンションぶりです。

このテンションの変わりように妻も苦笑い。

 

バルーントレインでお巡りさんと

 

大人は利用できないトレインバルーンの中でのワンショット。

お巡りさんのオブジェの前でポーズします。

囲いがあって背の低い大人は中の様子が全く見えないようになっているのが残念なところですね。

 

バルーンの山によじ登る二人

 

トレインバルーンの中にお山のオブジェもあり、そこへ二人がよじ登りました。

他の子供がちょうど去っていったのでシャッターチャーンス♪

りのちゃんはこの後、足を踏み外して転げ落ちましたとさ笑

 

トレインバルーンの前で

 

トレインバルーンの外の様子です。

この電車の中は狭いようで、二人とも中には入ってくれなかったので撮影できず。

電車から顔を出して欲しかったですが無理でしたね。

 

家族4人でファミリーカート

 

最後は4人乗りファミリーカート!これは800円の乗り物です。

全長2キロのコースということで、キッズダムの外周をぐるりと周遊するコースです。

コースは上り坂と下り坂がわりと急になっていて、パパが自転車をこがないとさすがに無理です。

ギアチェンジしながらようやく周れます。

普段から運動していなかったら筋肉痛は間違いなし!

私は仕事で足を使っていたので筋肉痛にはなりませんでした。

 

東京からは少し離れていますが、キッズダムに興味がある方はぜひ行ってみてください。

千葉こどもの国キッズダムの公式サイトはこちら →千葉こどもの国キッズダム公式サイト

私たち家族のプライベート記事一覧 →こちらからどうぞ

 

また、現フランチャイズオーナーである私自らアドバイスもできます。

フランチャイズオーナーとして人生を豊かにしていきたい!という方はフランチャイズ無料相談会をどうぞ。

無料相談バナー

関連記事

この記事は、【FOLAB フランチャイズオーナーズラボ】小山が書きました。

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ

フランチャイズオーナーとなり、
年商1憶円を達成した私、小山が
フランチャイズオーナーを目指すあなたに
寄り添うサイトとして運営しています。

会社に縛られたくない!
上司の圧力から解放されたい!
自分が決定権を持って自由に仕事をしていきたい!
フランチャイズで独立開業したい!

あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しよう!

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@orfevre-y.com