人間性は「雑務」の取り組み方に現れる

こんにちは。

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

雑務をどう取り組むのかによって、

人間性が判断できてしまいます。

 

これがどういうことなのかを

私のメンターや上司、私自身を例に

挙げて解説していきます。

 

 

私のメンターの例

ドンキホーテに買いに行く

私のメンターは、指導を受けた人に

パシリのようにプレステを買いに行く

よう要求されたことがありました。

 

私のメンターは、元ニート時代に

億万長者から学びたい一心で

すぐに行動に移して、代金を求める

ことなく購入してきたそうです。

 

この行動を見るだけで、

私のメンターの人間性が

分かるのではないでしょうか?

 

この事例で、メンターに対して億万長者の

返報性が働くことで、ニート状態から

脱却し、現在では私のメンターは

億万長者になっています。

 

 

私の元上司の例

綺麗に紙を揃える

私の元上司は、人が馬鹿にしてしてやらない

ようなただ書類を揃えるという雑務を

独立研修中に一生懸命やっていたところ、

取引先の上層部の人の目に留まり、

それ以来大変気に入られたそうです。

 

そして研修を重ねて一気に出世しました。

 

この例からもかるように、

あなたがあなたの人生に多大な影響を与える

人の目に留まる存在になるかどうかで、

その後の人生が大きく変わります。

 

世の成功者も大半の人は、

さらなる成功者から引き上げられている

場合が多いのです。

 

 

小山の事例

シュレッダー掃除

私はバイトの状態から元上司に声を

かけられ、独立開業することを前提に

正社員として採用されました。

 

私は大学生の頃、バイト先を居心地よく

感じていたため、他のバイト仲間よりも

長くバイト先にいることが多かったです。

 

ある日、バイト先にいる社員と社長が

言い合いになっていました。

言い合いの最中に、女性社員は

書類をシュレッダーにかけました。

 

しかし、シュレッダーのゴミ箱が

いっぱいになっていたので、

エラーの音が鳴り響いていたのです。

 

その様子を見て私はシュレッダーの

ゴミ箱をすぐに片付けました。

それを見た社長は、

「お前はバイトなのに

 そんなことをやれるのか」

と驚いていました。

 

その時私は、「そんなこと褒めるの?

片付けなんて当たり前のことでは?」

と思っていました。

 

片づけや掃除などのお金を生まない

作業はほとんどの人が嫌がります。

社会人になって、人の働きぶりを見て、

なおさらそう感じるようになりました。

 

そのような人が多い中で

率先して片付けを行うバイトが居れば

目に留まるでしょう。

 

シュレッダーの掃除がきっかけで

元上司である社長の目に留まり、

私に素質があると感じてくれたようです。

 

とはいえ、「雑務を率先してやれ」

と言いたい訳ではありません。

 

このような行動を自然と起こせるような

人が、成功者の目にとまり、

成功者と一緒にビジネスをすることができ、

飛躍しやすいということです。

 

 

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になった秘訣

関連記事

【脱サラ起業研究所】

【脱サラ起業研究所】失敗しない脱サラで自由になろう

会社に縛られたくない。
上司の圧力から解放されたい。
自分が思うように自由に仕事をしていきたい。

そんなあなたに寄り添う脱サラ応援サイトです。

起業?フランチャイズ?独立開業?
あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しましょう

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@hu-huproject.com