世界一やさしい YouTubeビジネスの教科書【要約・まとめ】

こんにちは!

フランチャイズオーナーズラボの小山です。

 

今回は、女性ビジネス系YouTuberKYOKOさんの最新作「世界一やさしいYouTubeビジネスの教科書」という本を解説します。

 

ビジネス系YouTuberKYOKOさんとは?

KYOKO副業

株式会社TwinRing代表取締役 水谷恭子(みずたにきょうこ)

1987年生まれ岐阜県岐阜市出身。現在は3人の子供を育てるシングルマザー経営者。

総フォロワー15万人、女性ビジネス系YouTuber。YouTubeチャンネル登録者数12万人。

多彩なWEBスキルを身につけるためのオンラインスクール「副業の学校」を運営しています。

「家庭×育児×ビジネスでも成功する」をコンセプトに掲げてコンサルティング事業も手がけます。

 

本書は、YouTubeの設定や撮影、編集などアップロードするまでの作業的な項目は割愛し、あくまでもテクニカルな面を重視したYouTubeの学習本にしたいということで出版されました。

この本の結論は、「YouTubeをビジネスに活用し、思い通りの結果を出していこう!」という内容です。

 

なぜビジネスにYouTubeなのか。YouTubeには、他のSNSやブログとは違った訴求力があります。

文字だけで訴求するブログ、画像だけで訴求するInstagram、音声で訴求するラジオやクラブハウス。

これら全てを兼ね備えたのがYouTubeです。ビジネスとしてこれ以上ない武器になるんです。

 

今や、YouTubeは単なる動画共有サービスではありません。

広告収入やスーパーチャット・メンバーシップはもちろん、オリジナルコンテンツ販売やアフィリエイトなど、さまざまな方法でYouTubeで稼げます。

本書ではそういったYouTubeで稼ぐあらゆる手法について詳しく解説してくれます。

 

それでは参りましょう。

本書に登場する重要なポイントを3つに絞って解説していきます。

① YouTubeは個人が大きく稼げる最高のプラットホーム

② YouTubeのSEOとアルゴリズム

③ 自社商品・独自コンテンツの販売

 

順に見ていきましょう。

 

① YouTubeは個人が大きく稼げるプラットホーム

YouTube個人で稼ぐ

KYOKOさんのチャンネルの場合、チャンネル登録者数が1万人ほどの頃でも、広告収入とは別にこのチャンネルを通して月間300万~400万円の収益を得ていたそうです。

現在では、広告収入以外の収益を全て合わせると月間で2000万円前後の収入があります。

こう聞いてしまうと、「広告収入以外の収益ってどんなものがあるの?」と気になりますよね。

全部見ちゃいましょう。

 

1、独自コンテンツの販売

自分の商品を持っている会社や個人が、YouTubeを認知拡大のためのビジネスツールとして利用する方法です。

この収益化スタイルのいい点は、登録者数や再生数がさほど重要ではないという点です。

広告収益を上げるためにひたすらウケる動画を量産する必要はありません。

動画の数ではなく質が求められます。

登録者数1万人程度でも月に数百万円という収益を狙うことができます。

 

2、アフィリエイト

YouTubeを他社の商品の宣伝媒体として使用する収益スタイルです。

他社の商品を紹介することで、販売額から一定のマージンを得ることができるシステムです。

メリットとしては自分の商品を持つ必要がないので、すぐにでも始められる点です。

このタイプで稼ぐ場合は、チャンネルにつくファンというより、検索エンジン経由の客が多いという点もメリットです。

ただし、ある程度SEOやアフィリエイトの知識がないとどのように商品を紹介していいかがわからないのがネックとなります。

 

3、スーパーチャット

スーパーチャットとは、簡単に言うと投げ銭機能です。

YouTubeのライブ配信中に、視聴者から応援の気持ちを投げ銭という形で受け取れます。

視聴者は100円から最大5万円までの金額を選ぶことができます。1日に投げ銭できる金額の上限も5万円です。

メリットとしてはファンと交流できること。

デメリットは、収益化の基準を満たす必要があり、事前の告知や集客力が必要です。

スーパーチャットの本質はあくまでの応援なので、熱狂的なファンを獲得できていなければ誰も視聴者が来ないという状況もあり得ます。

 

4、メンバーシップ

メンバーシップとは、視聴者が毎月定額料金を支払うことで、YouTubeチャンネルのメンバーになれるという制度です。

メンバーになることで、チャンネル運営者から様々な特典を受け取ることができます。

わかりやすく言えば、YouTubeを使った個人のサブスクリプションコミュニティーといったイメージです。

デメリットとしては知名度がないとメンバーが集まらないことと、初心者にはハードルが高いことです。

ネットで様々な情報が無料で得られる時代で、情報自体の価値が薄くなってきているので、有料級の動画が見れますという謳い文句では、あまり意味がないとも言えます。

 

5、企業案件

一定規模のチャンネル登録者数がある運営者、つまりインフルエンサーには、その知名度や影響力を目的に企業から案件の依頼がくることもあります。

KYOKOさんのチャンネルでは、実際にレンタルサーバーやドメイン販売会社、ウイルスセキュリティーソフトなどの企業案件を受けたそうです。

一回で高額な報酬が受け取れる分、登録者が少ない場合は案件は来ないし、宣伝自体が嫌われる可能性があります。

これらの収益化のポイントを複数組み合わせて、売上を作っていきましょう。

 


② YouTubeのSEOとアルゴリズム

YouTubeのSEOとアルゴリズム

YouTubeはGoogleの傘下にあるプラットホームです。

よって、キーワード検索への対策は、一般的なWEBのSEOと共通している部分が多いです。

SEOは、コンテンツを検索エンジンに評価されやすくすることで、検索結果で上位表示を狙う施策です。

基本的には、視聴者にとって有益なコンテンツが高い評価を受けて上位表示されるということです。

GoogleやYouTubeは企業からの広告収入によって運営しているので、長く視聴される動画は、広告がたくさん表示されるので優遇されます。

 

上位表示されるためには、次の条件を意識したコンテンツ作りが必要です。

・独自性  ・品質(クオリティー)  ・専門性  ・網羅性

・正確性  ・信憑性  ・コンテンツの見やすさ、わかりやすさ

 

SEOは不変ではなく、その時々によって傾向が変わります。

最近では、どんな内容なのかよりも、「誰が言っているのか」つまり専門性や信憑性をより重く評価する傾向にあります。

そのため、コンテンツ内容が検索ワードに合致しているだけでは上位表示されにくくなっています。

コンテンツの専門性、権威性、信頼性を重要視する傾向は、YouTubeでも顕著になりました。

でもYouTubeを始めたばかりの頃は、動画でこれらを表現して上位を狙うことは不可能に近いので、最低限のSEO対策はしておく必要があります。

 

YouTubeでも使うSEO対策

・目標キーワードを設定する

・タイトルにキーワードを入れる

・見出しへ検索意図を満たすキーワードを入れる

・メタデータにキーワード対策をする

・コンテンツ内にもキーワードを入れる

・チャンネルの専門性を意識する

 

これらが最低限のSEO対策です。見てわかる通り、SEO対策とはキーワード対策です。

これとは別に、視聴者の満足度を高めるための施策も重要です。

始めは表示されても、満足度の低い動画は、視聴維持率も悪いので、次第に露出されなくなります。

 

ユーザーの満足度を高めるための施策

ポイントは5つあります。

・クリックされるタイトルをつけること

・タイトルと中身の適合性

・見ていてストレスのない編集

・そのチャンネルでしか見られない独自性

・規則的な更新頻度

 

ユーザーに対して働きかけをすると、検索結果経由で動画へアクセスしたユーザーに長い視聴時間と愛着を獲得するために行う対策とも言えます。

そしてYouTubeのアルゴリズムでは、ユーザーの興味関心に最適化された表示がされます。

流入経路としては大きく分けて3つ。

・SNS、検索エンジンからの外部流入

・YouTube内検索

・関連やオススメ動画

 

外部流入やYouTube内検索については対策しようがあるものの、関連やオススメはYouTubeが決めているので対策できません。

にも関わらず、関連やオススメは全体の90%を占める超重要な流入経路です。

YouTubeのアルゴリズムによって、ユーザー行動にマッチした結果を表示させるので、いかに関連やオススメ動画に乗るかが重要な鍵となります。

 

③   自社商品・独自コンテンツの販売

独自コンテンツ

オーソドックスな収益、広告収入で稼ぐ方法については、いろんな方が発信しています。

ジャンルによって広告単価は違い、大きなお金が動くジャンル、例えば、転職、ビジネス、資産運用、不動産などは、成約1件あたりの利益が大きいジャンルなので、広告単価も高くなります。

 

広告収入を得ていくための条件

・チャンネル登録者数1000人以上

・総再生時間が直近1年間で4000時間以上

を満たす必要があります。

 

広告収入は、動画の数、チャンネル登録数、再生数など、とにかく数の勝負なので超労働型の運営スタイルとなります。

こうした広告収入については他の書籍でも解説されていますので、ここでは割愛し、独自コンテンツの販売について見ていきます。

独自コンテンツとは、自分で販売するオリジナル商品のこと。デジタルデータや情報、自社商品などがあります。

効率的で長く大きく稼ぐために、最終的に目指すべきなのは、自分の商品を持つこと以外にありません。

 

独自コンテンツを販売する流れ

認知→関係性構築→販売

文章コンテンツ、音声コンテンツ、画像コンテンツ、動画コンテンツ、コミュニティー運営、コンサルティング、グッズ販売、実店舗への集客など様々な形で独自コンテンツは提供できます。

だたし、認知やブランディングが難しいなどのデメリットもあります。

 

個人でものすごく稼ぎ、成功している人は、例外なく独自コンテンツを販売しています。

プラットホームに依存してしまう広告収入だけでは、プラットホームを運営する企業の外的要因で収益がガタ落ちする場合もあります。

ネットで物が売れる公式は、「インプレッション数×クリック率×成約率」で決まります。

この3つの要素を掛け合わせることによって、独自商品は売れていきます。

 

セルフブランディングのコツ

YouTubeで認知されていくためのコツは、

・視聴者のターゲティングをする

・ペルソナ設定

・定期的な配信と更新頻度を保つ

 

YouTubeでセルフブランディングするためのコツは、

・ザイオンス効果を狙って接触していく

・良質なコンテンツの提供で、返報性の法則を意識する

・コメントに返信するなど、双方向のコミュニケーションをとる

 

ビジネスで大事なことは、自分が何を配信したいかではなく、視聴者、お客さんは何を求めているのか、何に困っていて、何を知りたいのかと、相手を基準に価値を提供することです。

トップYouTuberヒカキンさんを例に挙げると、初期の頃はビートボックスの動画をメインでUPしていましたが、小学生の視聴者が多いことに気がつき、小学生向けの動画をテレビを見る時間帯の19時に必ずUPするということを毎日されています。

視聴者を第一に配信をしている結果です。

 

あなたも配信したいジャンルが決まったら、あなたのジャンルに興味を持つ視聴者が何を求めているのかを調査してYouTubeを配信してきましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

まだチャンネル登録数1万人に満たない当研究所のチャンネルは、参考になることばかりで取り入れていきたい内容が多々ありました。

KYOKOさんは2015年から開始して、6年間継続されてチャンネル登録数が10万人を突破しています。

非常に説得力があり、独自コンテンツの販売にも非常に興味があります。

 

私の体感では本書の内容をざっくりと10分の1も紹介できていないので、興味がある方は手にとってじっくり読み込んで実践していきましょう!

あなたも得意なこと、強みを生かした動画配信で、広告収入と独自コンテンツの販売を組み合わせたYouTubeビジネスをやってみませんか?

 

 

もっと詳しく知りたい!という方はこちらからどうぞ →世界一やさしい YouTubeビジネスの教科書

 

他のインフルエンサーのお金に関する本もご紹介しています。

 

ビジネス系YouTuberマナブさん →億を稼ぐ積み上げ力

ビジネス系YouTuberやまもとりゅうけんさん →人生逃げ切り戦略

インフルエンサー迫佑樹さん →人生攻略ロードマップ

関連記事

この記事は、【FOLAB フランチャイズオーナーズラボ】小山が書きました。

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ

フランチャイズオーナーとなり、
年商1憶円を達成した私、小山が
フランチャイズオーナーを目指すあなたに
寄り添うサイトとして運営しています。

会社に縛られたくない!
上司の圧力から解放されたい!
自分が決定権を持って自由に仕事をしていきたい!
フランチャイズで独立開業したい!

あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しよう!

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@orfevre-y.com

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ フランチャイズオーナーとしてより良い人生を

〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34

03-5659-0377

03-5667-5218

10:00~17:00
定休日:日曜・祝日