リハビリステーションLETs倶楽部 加盟店募集要項

こんにちは!

フランチャイズオーナーズラボの小山です。

 

今回は、リハビリステーションLETs倶楽部の加盟店オーナーの募集内容を見ていきます。 

日本はすでに、世界でも類を見ない超高齢化社会です。

これからの介護の世界は、少子高齢化、財源の問題などから、自立支援介護、医療と介護の連携がますます求められていきます。

介護系フランチャイズの中でもLETs倶楽部は、リハビリに特化した自立支援型のデイサービスです。

早速見ていきましょう。

 

リハビリステーションLETs倶楽部 概要

リハビリステーションLETs倶楽部

フランチャイズ本部であるQLCグループは、高齢者の元気を取り戻すために介護業界を包括的にサポートできる仕組み作りに注力し、持続的な企業価値向上を目指す会社です。

その中でもリハビリステーションLETs倶楽部は、QLCグループが展開するリハビリに特化した自立支援型のデイサービスです。

要介護からの卒業を目指すのが目的であり、自立支援型デイサービス(半日型)、個別機能訓練(生活動作、歩行、口腔訓練)、パワーリハビリなどを行い、自立を目指していきます。

 

ブリッジライフ

関連するグループ企業のフランチャイズブランドとしてブリッジライフがあります。

ブリッジライフは、個別対応型デイサービス(一日型)、IADL日常動作訓練(入浴、買い物、遠出、散歩訓練)などを実施し、老々介護や独居ニーズに対応しています。

 

複合型モデルでさらに収益性UP

LETs倶楽部とブリッジライフを組み合わせてフランチャイズ展開することで、半日型+1日型の複合施設として運営も可能です。

大型施設の需要も拡大しているので、複合施設にすることでワンストップサービスを提供できます。

地域社会との共存、貢献、情報発信拠点となり、収益性も格段にUPします。

 

 

LETs倶楽部が選ばれる理由

LETs倶楽部選ばれる理由

LETs倶楽部に加盟するオーナーは、97%が異業種からの参入です。

パチンコ業、冠婚葬祭業、ホテル業、飲食業、エネルギー業、建設業、不動産業など、介護を事業戦略の新たな柱と考える加盟店が多いです。

LETs倶楽部がフランチャイズ加盟対象として選ばれる理由は5つあります。

 

1、社会貢献ビジネス

時代のニーズや高齢化社会にマッチしています。

2、国策に沿ったビジネス

リハビリ型であり、採用活動もしやすいのが特徴です。

3、圧倒的な差別化

完全にシステム化していて、医療連携も取れた安心なビジネスモデルです。

4、高収益事業 

利益率が高い業界であり、安定収益を望めます。

5、充実した本部のサポート

グループ規模が大きく信頼できる本部です。

 

 

リハビリステーションLETs倶楽部の特長

LETs倶楽部特長

機能訓練に特化した半日2回転営業

機能訓練に特化することでこれまで受け身だった高齢者が自発的に利用します。

目的を持った高齢者のためのデイサービスとして人気が高く、半日という短時間も魅力になります。

 

安全・安心の医療認証マシン

医療施設を含め、2000施設以上の導入実績があります。

医学的根拠と高い専門性を誇るリハビリマシンの導入で安全性をアピールできます。

 

入浴・排泄・食事の介助負担なし

機能訓練に特化しているため、介護の中でも特に重労働と言われる「入浴、排泄、食事」の3大介助がありません。

働く人の体力的な負担や専門スキルに対する条件がないので、人材確保が1日型と比べ容易です。

 

成果への見える化

自社開発の介護システムを導入し、これまで曖昧だった維持・改善の見える化が可能になります。

改善率にこだわります。

 

マシンを使ったトレーニング

LETs倶楽部 マシン

LETs倶楽部が採用しているパワーリハビリとは、筋肉を鍛えるためではなく、老化などによって使われなくなった筋肉や神経を正しく動かすために開発されたリハビリプログラムです。

動き方を忘れてしまった筋肉を呼び覚まし、正しい動き方を再び思い出してもらうトレーニングを行います。

思うように体を動かしにくい高齢者の方でも正しいフォームで安心してトレーニングできるよう、マシンは入浴や階段の上り下りよりも負荷が少なく設計されています。

 

3ヵ月ごとに体力測定を行い、成果を数値で確認することができます。

3ヵ月前と比較して改善しているか?機能の低下を防ぐことができているのか?

結果を出せる価値は機能訓練型のデイサービスの大きな魅力の1つです。

 

トレーニングを継続するうちに、自分でできることが増えて行動範囲が広がります。

自信や意欲も湧いてくるので、本人はもちろんのことご家族や周囲の方にも良い影響をもたらします。

 

スーパーバイジング機能

スーパーバイジング

本部のスーパーバイザーが、加盟店を全力でサポートしていきます。

開業時のスタートアップ、基本業務や業界知識を習得する講座、開業後のフォローアップなど、加盟店が安定して運営できるようになるまで徹底サポート。

開業前、オーナー研修、開業後のそれぞれのフェーズで実施するサポートは次の通りです。

 

開業前

開業前オーナー研修開業後
本部研修オーナー会の参加運営支援
直営店研修、OJTQLCカレッジの参加施設長合同会議
現地研修、OJTすべての会議は自由参加売上管理
利用者獲得営業支援経営会議、損益管理利用者獲得営業研修
内覧会売上と人件費のコントロール生活相談員研修
営業同行指導施設運営管理各種研修会
 人事管理、モチベーション管理リハビリプログラム

 

 

ホールディングス体制により、サポートを強化

QLCグループ

2017年にQLCグループは事業規模の拡大に伴い、ホールディングス制へと組織を変更しました。

新体制のもの各社のノウハウを結集させて、サービスの強化と拡充を目指しています。

 

QLC販売株式会社

介護業界への参入を促進し、国策に沿ったリハビリ型を提案します。

QLC販売(株)は、「LETs倶楽部」「ブリッジライフ」の新規加盟開発・開業支援を実施しています。

高齢化が進む中、一人暮らしの高齢者や老々介護が増加していて、リハビリに特化したデイサービスのニーズが高まっています。

社会貢献制が高く安定収益のビジネスモデルでもある自立支援型デイサービスへの参入を提案しサポートしています。

・新規加盟開発、開業支援

・開設、申請業務サポート

・参入セミナーの開催

 

QLCシステム株式会社

業務の見える化、最適化、人と情報をつなぐシステムを開発しています。

・機能訓練型施設専用のQLC介護システム

 –最適なリハビリの提案や提供をし、事務負荷を軽減する働きがあります。

・自立支援型デイサポートシステム「ACE」

 –デイサービス向けの機能訓練加算支援システムで、口腔機能向上加算と個別機能訓練加算の算定を支援。

・リサイクルショップPOSシステム

 –店舗運営システムの設計、開発、運用やネットワークシステムの設計をします。

 

QLCサポート株式会社

FC加盟パートナーの成長を全力でサポートします。

QLCサポート(株)では、FC加盟法人との連携を強化し、店舗力の強化と人材育成の支援を通じて、収益力を継続的に高めていきます。

本部方針に基づく年間計画の立案と実施の支援、専門家による講演や事例報告会、研究会を実施し、動画配信も行なっています。

加盟店と共に新たな可能性を広げて業界をリードし、社会に付加価値の提供を目指しています。

 

株式会社ほっとステーション

要介護者の玄以を取り戻す運動プログラムの提供をします。

ほっとステーション自らも「LETs倶楽部」「ブリッジライフ」などの直営店を運営しています。

身体機能の維持改善を目指した運動プログラムを開発し、提供します。

地域福祉の拠点となるべく、医療連携や地域活動にも積極的に参加します。

直営事業所の生きたノウハウを蓄積して、更なる加盟法人サポートや新規加盟開発の事業提案に活かしています。

 

開業までのスケジュール

LETs倶楽部 開業

ステップ1 事業説明会

資料請求をした上で、本部主催の事業説明会へまずはご参加をお願いします。

 

ステップ2 施設見学、個別相談

事業説明会後の個別面談で、出店エリアの選定や加盟契約の意思決定、資金調達などを検討します。

納税証明書などの公的書類を提出し、加盟審査も同時並行で実施します。

 

ステップ3 入会申し込み

物件探索、エリアリサーチ、高齢者のニーズ、集客予測、周辺環境などを分析して、物件を確定します。

 

ステップ4 キックオフ、加盟契約

入会申し込みから加盟契約までは2ヵ月を要します。

店舗オープンの目的や概要、スケジュール、達成すべきコストなどを確認するためミーティングを実施します。

綿密に本部と加盟店でスケジューリングし、確定させます。

 

ステップ5 事業所造り

物件工事、必要設備の調達、行政への申請業務、営業販促活動などを実施。

事業所の設備を整えるのに2ヵ月を要するので、人材の募集から面接、採用、給与設定など、スタッフを雇用する準備を始めます。

直営店研修を通じて座学で業界知識を学び、事前の営業活動も実施します。

 

ステップ6 行政審査期間

本部と加盟店が二人三脚で営業に同行する形式で営業活動を行います。

オープンと同時にご利用者さんを集めることができれば、成功確率はグッと高まります。

 

ステップ7 プレオープン

新規の方向けに無料体験会、見学会などを実施し、ご利用者さま確保に向けて活動を行います。

常に営業活動は実施し、ご利用者さんを途切れさせない意識は非常に重要です。

 

 

初期投資

LETS倶楽部 初期投資

LETs倶楽部を運営するにあたり、通常のビジネスモデルを推奨します。

30〜50坪の広さで店舗経営をし、損益分岐点までには約1年程度を要します。

 

開業資金運転資金設備投資

その他の投資項目

申込金100万円1200万円〜リハビリ機器600万円物件取得費300万円〜
契約金300万円車両300万円内外装費600万円〜
開設費220万円設備備品250万円採用費用100万円〜
研修費200万円 ※加盟店ごとに変動します

通常の収益モデルを見てみると、初期投資項目なこのような内訳となっています。

 

開業のポイント

1、必要条件 :法人であること(資本が充実していること)

2、人員基準

職種資格要件
施設長(管理者)特に必要なし
生活相談員 ※要資格社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格
看護師   ※要資格看護師、准看護師
介護職員なし

 

最後に

介護業界は、今後の廃れることのない需要がある業界ではありますが、人材面で苦労する一面があり難易度は比較的高い傾向があります。

国家資格者は採用難度が高く、転職市場でも高額の採用費用がかかる場合があります。

しかし、リハビリに特化したデイサービスであれば、ケアマネージャーやあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師などの資格者を採用する必要はありません。

 

法人格を所有していて資金が豊富、そして人材も豊富に揃っている安定した会社であれば、結果を出しやすいビジネスモデルであると言えます。

初期投資が4000万以上なので個人での参入は難しいですが、参入障壁が高いので挑戦する価値は十分にあると言えるでしょう。

 

こちらの記事も人気です。→フランチャイズオーナーになるには?準備と手順を徹底解説!

他のフランチャイズを検討されている方はこちら →フランチャイズの窓口

 

フランチャイズ無料相談会も実施しています。

無料相談バナー

関連記事

この記事は、【FOLAB フランチャイズオーナーズラボ】小山が書きました。

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ

フランチャイズオーナーとなり、
年商1憶円を達成した私、小山が
フランチャイズオーナーを目指すあなたに
寄り添うサイトとして運営しています。

会社に縛られたくない!
上司の圧力から解放されたい!
自分が決定権を持って自由に仕事をしていきたい!
フランチャイズで独立開業したい!

あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しよう!

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@orfevre-y.com

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ フランチャイズオーナーとしてより良い人生を

〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34

03-5659-0377

03-5667-5218

10:00~17:00
定休日:日曜・祝日