トップインフルエンサーが語る Webマーケティング最前線【要約・まとめ】

こんにちは!

フランチャイズオーナーズラボの小山です。

 

今回は、ビジネス系YouTuberのマナブさんとイケハヤさんが対談された内容をもとに編集された

「トップインフルエンサーが語るWebマーケティング最前線」

という本を解説します。

 

インフルエンサーマナブさん

マナブ

1990年生まれ。22歳の時、大学を1年休学し、フィリピンに留学する。

帰国後、フィリピン留学情報ブログを開設。大学卒業後、フィリピンのセブ島で就職するが、11か月で退職しフリーランスになる。

その後、起業するも失敗に終わり、現在はブログ、アフィリエイト、プログラミング、YouTube、SNS運用のなどのノウハウを提供し億単位で稼いでいます。

 

ブログ(マナブログ) 200万PV。月間収益500万円。

Twitter(マナブ@バンコク) フォロワー数、約33万人。

YouTube(マナブ) チャンネル登録者数 約52万人。

(2021年3月時点)

 

インフルエンサーイケハヤさん

イケハヤ大学

1986年生まれ。中学時代に個人ニュースサイト「nubonba」を運営し、月間30万アクセスを獲得。

ソフトバンククリエイティブの月刊誌「ネットランナー」にてネット上の面白コンテンツを紹介する連載を4年間執筆。

大学卒業後、大企業に就職するが11ヶ月で転職。

2011年4月より独立し、個人起業家としてビジネスを中心とした知識、技術、ノウハウをSNSで発信されています。

 

ブログ(イケハヤ大学) 250万PV。月間収益300万円。

Twitter(イケハヤ@仮想通貨) フォロワー数、約30万人。

YouTube(イケハヤ大学) チャンネル登録者数 約30万人。

(2021年3月時点)

 

最近、Webマーケティングという言葉を目にする機会が多くなったと思いませんか?

イケハヤさんによると、プログラミングやデザインなどのスキルよりもWebマーケティングのスキルを身につける方が重要です。

それくらいWebマーケティングはビジネスにおいて強力な武器になります。

にも関わらず、Webマーケティングについて理解している人が少ないのも事実です。

一番の理由は、Webマーケティングが広い意味をもつからです。

 

本書は、トップインフルエンサーのイケハヤさんとマナブさんが対談形式でマーケティングについて話をする内容で、お二人ともマーケティングにかなり詳しいです。

実際にWebマーケティングを駆使して、億単位の売り上げを作っています。

個人でここまで成果を出している人は少ないので、お二人の対談は大変貴重なはずですが、Kindle unlimitedで月額980円で読めてしまうコスパ最強の指南書です。

Kindle unlimitedでの購読はこちらからどうぞ トップインフルエンサーが語る Webマーケティング最前線

 

 

本書に登場する重要なポイントを3つに絞って解説していきます。

① Webマーケティングの定義と注目する理由

② 波乗りした後のマネタイズ方法

③ ゼロからWebマーケティングを始めるなら

 

順に見ていきましょう。

 

① Webマーケティングの定義と注目する理由

Webマーケティング

まず大前提として押さえておきたいのが、Webマーケティングとは何か?という質問に対して、明確な定義はないということ。

イケハヤさんの定義は、

「市場のニーズに答えた商品・サービスを開発し、社会における利益を増やすための活動」

マーケティングは、もはや企業活動そのもので、商品開発のためのリサーチや価格設定、カスタマーサポートや人事もマーケティングです。

これだけ広い意味になってしまうと話がブレてしまうので、ここではコンテンツマーケティングとして話を進めていきます。

 

コンテンツマーケティング

簡単に表現すると、個人がデジタルコンテンツを使って、デジタルメディアを運営する。

それをマーケティングに役立てるということです。

つまり、自分で制作したコンテンツから売上を作るための活動全般をコンテンツマーケティングと呼びます。

これからの時代、Webマーケティングがますます注目されるのは、大きなデジタルシフトが起こっているからです。

Twitterに関して言えば、企業アカウントよりも個人アカウントの方が人気です。

 

実際に、イケハヤさんもマナブさんも30万人ほどのフォロワーがいます。

フォロワーが多いと多くの顧客と直接繋がりを作れます。インフルエンサーはまさにそうです。

多くの顧客とつながれると、今まで企業がやっていたことを個人の力だけでやれるようになるので、個人のパワーは増幅され続けていきます。

影響力を持った個人が商品を作り販売する。

パワーを持っている個人は強力なメディアを持っているので、そのメディアを利用すれば商品は売れます。

一昔前までは個人で商品を売ることは非常に難しかったですが、今では流通網も整備されているので、企業でしかできなかったことを個人でもできてしまいます。

 

SNSはビジネスツール

パワーを持った個人がやっていることは、SNSをビジネスツールとして活用していること。

普通の人は、娯楽や情報収集として使っていますが、インフルエンサーは完全にビジネスとして使います。

イケハヤさんは新しくクラブハウスというツールが出た瞬間に誰よりも時間を投下して、誰よりも早くKindleまで出版しています。

権威性を作って専門家になるというポジションどりは、トップインフルエンサーでなくても実は誰でもできます。

海外から日本に上陸したサービスをとことん使い倒して、早く行動して知見を貯める。

その知見を発信して専門家になる。

 

こうすることでトレンドの波に乗って、爆発的にフォロワーを増やすことができます。

イケハヤさんは、仮想通貨バブルの時に、フォロワーが一気に伸びています。

マナブさんはプログラミングスクールや副業、ビジネス系YouTuberなど複数波乗りしています。

相互に絡み合うと二次関数的に伸びていきます。波乗りするためには情報収集が大切です。

人がやっていることを真似することでも一定の成果は出せますが、二番煎じになることも多いです。

トレンドを掴み、一番速く行動に移す。こうすることで個人でも爆発的な成果を出すことができます。


② 波乗りした後のマネタイズ方法

コンテンツをマネタイズ

トレンドをつかんで波乗りした後に、どのようにマネタイズしていけばいいのでしょうか?

 

マナブ式マネタイズ方法

マナブさんの答えは、最初は発信だけに特化すること。

その次のフェーズであるビジネスを作るとか、商品やコンテンツを作るとかは考えなくてOKです。

発信に特化すれば自然とフォロワーは増えて、質問が届くようになります。

その質問に答えつつコンテンツ化して商品にしていく流れがベストです。

この流れで商品やコンテンツを作っていくと、実際にニーズがあるものを作ることができますし、お客さんの声を拾って悩みや問題を解決するというダイレクトレスピポンスマーケティングにつながります。

マネタイズ方法は、「商品を作ること」ですが、その初期段階として発信してフォロワーを増やすことが大切です。

 

情報発信でフォロワーを獲得する

では、どのように発信していけばいいでしょうか?

これは新しいプラットホームで伸びている人を徹底的にリサーチすること。

自分が波乗りするために、今波乗りに成功している人を分析します。

結果を出している人をリサーチして、真似できることは真似して発信力を伸ばす。

発信力が伸びれば、広告などでマネタイズも可能です。

 

イケハヤ式マネタイズ方法

このマナブさんの考えに対してイケハヤさんは、基本的に同じですが、先に商品を作って販売しちゃえという考えをお持ちです。

今は本当にいい時代で、オリジナル商品を個人で簡単に作れます。

イケハヤさんはサプリメントの販売で、初期投資は1000万円かかりましたが、

売上は2000万円を記録しました。

広告を出稿しなくても、Webマーケティングをうまく活用すれば、広告費ゼロで商品は得ることができます。

とりあえずやってみるマインドで商品を作って、ガンガン売っていけばいいんです。

仮に失敗したとしてもトライ&エラーを繰り返してマーケティングを学んでいけばOKです。

Webマーケティングは非常に強力な武器で、極端な話、Webマーケティングを活用すれば、ゴミでも売れてしまうレベルです。

 

今後重要になってくるマーケティングスキル

最近では、コンテンツマーケティング、特にSNSマーケティングに力を入れている人が多いですが、広告運用スキルも重要です。

炎の講演家 鴨頭嘉人さんも広告でスケールしたいい例です。

YouTube広告に億単位のお金をつぎ込んでチャンネルを大きく成長させています。

広告運用は忘れられがちですが、認知度を高めるために爆発力があります。

もちろんコンテンツのクオリティーが低いと広告費用をかけたとしても結果は出ませんが、ある程度反応が取れるものが作れたら広告運用で一気に伸ばしていく手法はかなり重要だと言えます。

 

  ゼロからWebマーケティングを始めるなら

ゼロからマーケティングを学ぶ

これからマーケティングを学んでビジネスをやっていきたい!という人が、ゼロからWebマーケティングを始めるなら何から取り組んでいけばいいのでしょうか?

 

イケハヤさんの考え

イケハヤさんの答えはPinterestです。

運用は外注しているそうですが、パフォーマンスがすごくいいんです。

インプレッション25万に対して、クリック数が4000回あります。

つまり、Pinterestの投稿が25万回見られていて、その投稿からブログやYouTubeへ4000回も誘導できています。

例えば、インテリアなどはPinterestと相性がいいので、うまくやればPinterestから商品を売ることもできます。

写真映えする商品を持っている人は、すぐにでも始めた方がいいレベルです。

Pinterestを運用して結果を出せば、外部コンサルもできますし、運用ノウハウを有料コンテンツにもできます。

 

マナブさんの考え

このイケハヤさんの意見に対して、マナブさんはこれからマーケティングを始める人は就職が一番の近道だと言っています。

今、Webマーケティングで結果を出している人は、Webマーケティング会社出身の人が多いです。

イケハヤさんもマナブさんもWebマーケティング会社の出身です。

Webマーケティング会社に入ることでの一番のメリットは、膨大なデータが見られること。

個人でブログを書こうと思ったら月に50記事くらいが限界ですが、Webマーケティング会社に入ってSEOコンサルをすると、月300記事を外注&納品します。

そこで鬼のようにノウハウが溜まるので、そのノウハウを無料公開することで、マナブさんのブログ収益は、月に500万円を突破したというシンプルな流れです。

 

「情報が集まる場所に身を置く」

というのは、非常に重要な戦略で、2~3年で経験を積んで基礎を身につけて、同時に情報発信して商品を作るという流れは抜群にいいです。

Webマーケティング会社を選ぶ際の注意点は、テレアポとか飛び込み営業の有無を聞くこと。

こんな会社はレベルが低すぎです。

そもそもテレアポや飛び込み営業はWebマーケティングではないですし、SEO対策会社の電話勧誘なんて本末転倒です。

 

転職が難しい人は?

とはいえ、転職するのはなかなか難しいという人も実際には多いですよね。

そこでマナブさんとイケハヤさんが準備されているのがマーケティングスクールです。

イケハヤさんは、初心者はお断りの中級者から上級者向けのマーケティングスクールです。

事業を作ろうと思っている人や小規模のビジネスオーナーが対象になります。

 

マナブさんは、あえて敷居は下げて、外部講師の力を借りながらコミュニティーのような形でスクール運営を視野に入れています。

イケハヤさんは排他的で、レベルの高い人を対象にしたスクールにしたいと考えています。

大々的に告知はせず、メルマガで募集し、場合によっては面接するなり顧客を選ぶ予定とのことです。

 

お二人のマーケティングスクールに興味がある方は、これからのお二人の発信に注目していてください!

 

いかがでしたでしょうか?

マーケティングは非常に幅広い意味を持ちます。

だからこそ、マーケティングを学ぶことは、ビジネスには間違いなくプラスに働きます。プログラムやデザインなどのスキルよりも、マーケティングのスキルを磨いた方が確実に収入は増えます。

それだけ、ビジネスでは強力な武器になります。

最後にマナブさんからは、ビジネスを楽しむことが重要だというメッセージが添えられています。

極論ですが、「3億円あげるからTwitterやめて」と言われてもやめないそうです。

それだけTwitterが好きなんだそうです。

 

ブログを4年間更新できたのも努力したのではなく楽しかったから。

つまり、自分の好きな分野を見つけることが最重要です。なぜなら継続できるから。

ぜひあなたもビジネスで好きな分野を見つけて取り組んでみてください。

 

他のインフルエンサーのお金に関する本もご紹介しています。

 

ビジネス系YouTuberマナブさん →億を稼ぐ積み上げ力

ビジネス系YouTuberやまもとりゅうけんさん →人生逃げ切り戦略

インフルエンサー迫佑樹さん →人生攻略ロードマップ

 

関連記事

この記事は、【FOLAB フランチャイズオーナーズラボ】小山が書きました。

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ

フランチャイズオーナーとなり、
年商1憶円を達成した私、小山が
フランチャイズオーナーを目指すあなたに
寄り添うサイトとして運営しています。

会社に縛られたくない!
上司の圧力から解放されたい!
自分が決定権を持って自由に仕事をしていきたい!
フランチャイズで独立開業したい!

あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しよう!

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@orfevre-y.com