ツイッターのプロフィールの書き方をわかりやすく解説!

こんにちは!

フランチャイズオーナーズラボの小山です。

 

今回は、Twitterのプロフィールにどんな内容を書けばいいのかについて見ていきます。

どんなに魅力的なツイートをしたとしても、プロフィールが微妙ならフォロー率は下がります。

プロフィール文は、人間関係で言えば第一印象になり得る部分ですので、ここで魅力的に写らないと効果が非常に薄くなっています。

運用当初から魅力的なプロフィールに仕上げた状態で、ツイッター運用をしていきましょう。

 

ヘッダーにもインパクトを持たせる

Twitterヘッダ小山2                                                                                                                                                                                                                                                                                                 プロフィールを見に行った際に、パッと目に入るのがヘッダ画像です。

この部分のアピールスペースが一番広いので、初心者は特にこの部分で「自分がどんな人間なのか」をアピールしないと非常に勿体無いです。

 

・どんな過去を歩んできて、現在どんな状況なのか

・どんな実績があるのか

・何を得意としていて、何を発信しているのか

 

パッと見ただけでわかるようにしましょう。

専門性、権威性、Bafore→After、興味の対象、発信内容、今後何を目指していくのか、などツイート投稿のテーマが一瞬でわかるようにします。

ユーザーに、「自分もこの人のようになりたい!」「この人の発信内容について知識つけていきたい!」などと思ってもらえるように表現していきます。

実績として出している数字や、ユーザーが思わず興味を持ってしまうような強力な単語を駆使してターゲットに刺さるヘッダを作っていきましょう。

 

 

アイコンを白背景ではない本人にする

ただの趣味のツイートや、どうしても顔を出したくない事情があるなら無理しなくてもいいです。

ビジネスアカウントとして運用するのであれば、信頼性もUPするので白背景ではない実物の顔を出した方がいいです。

現に、ビジネス系インフルエンサーたちは顔出しで覚悟を決めて活動しています。

 

また、ツイッターは人とのつながりを求めるようなSNSなので、企業アカウントや店舗系アカウントは伸びにくい傾向があります。

広告やキャンペーン大掛かりな企画を実施してバズらせてフォロワーを獲得している状態です。

そういた意味でも、あなたに唯一無二である顔を出した方がビジネスアカウントとしては最適です。

人となりがわかった方が、ビジネスを依頼するにしても安心できるのは言うまでもありません。

 

 

自分の肩書きを決める

Twitter肩書き

ほとんどのビジネス系インフルエンサーたちは、自分の肩書きを自分で決めてそれをハンドルネームとして活用しています。

・マナブ@バンコク

・やまもとりゅうけん|史上最も勝ち組フリーランス生み出してる人

・マコなり社長(UNCOMMON)

・迫 佑樹@人生攻略ロードマップ著者

 

マナブさんは、フリーランスとして億単位で稼いでいる状態なので、日本にこだわる必要もなく、タイのバンコクでストレスフリーで仕事をしている様子を発信しています。

やまもとりゅうけんさんは、フリーランスを教育するオンラインサロンを主催しているので、サロンのコンセプトをハンドルネームに取り入れています。

マコなり社長は、TECCAMPというエンジニアのための総合スクールを運営していて実績もありますが、最近リリースされたUNCOMMONというビジネスサロンに力を入れています。

そのサービス名をハンドルネームに入れている形です。

迫佑樹さんは、年商10億円を超える会社の若手起業家です。

「人生攻略ロードマップ」という本を出版したこともあり、本の名前と発信内容のコンセプトをネームにしています。

 

ツイッターを運用する目的は、「マーケティング活動」であり、自分の商品やサービスを買ってくれる人を集めるのがビジネスアカウントの主な目的です。

ターゲットが一番心に刺さる言葉をチョイスして肩書きを決めていきましょう。

 

 

権威性を表現する

ツイッター権威性

「影響力の武器」というビジネス本でも解説されていますが、人は権威には疑うことなく従ってしまいます。

弁護士や医者、警察、その道の専門家などは権威として人に影響を与えて、力強く主張されればほとんどの人は納得してしまうほどの威力があります。

その人間心理に合わせて権威性を表現していくのは非常に重要です。

 

フォロワー数が少なければ権威もクソもありませんが、初期の頃は実績や経歴などで権威を表現していきましょう。

所得を暴露して表現するのがわかりやすいですが、会社を経営して入れば年商や経営年数、実績があればその大きい数字、経験を数字で表現するのも有効です。

私の場合、年商1億円、副業のマッサージ事業で月80万円の売上というのを誇張していますが、実際には年収は2000万円、副業の利益は月30万円ほど。

年商ベースにした方が数字が大きいので年商で表現しています。

あなたの人生にも実績としてある大きな数字や、有名な資格などでも効果は高いです。

必ずプロフィール文に盛り込んでいきましょう。

 

 

活動の目標を設定する

ツイッター活動目標

 

ここまでのプロフェールスペースの作り込みができてきたら、今後はどんな内容で発信していくのか、どんな目標を持って活動をしているのかも追加していきます。

今後の発信内容や目標によっては、ユーザーは価値ありとしフォローしてもらいやすくなります。

過去の実績とは違った分野で発信したり、別の目標を掲げているとテーマに統一感がなくフォローされにくくなります。

世界観を統一するという意識を持ってテーマを決めましょう。

 

プログラマーとして実績があるのに、今では行政書士を目指すことにしました!という発信では、統一感がなくてフォローしていいのかどうかもわかりません。

プログラマーと行政書士どちらも目指している人はごくわずかだと思いますのでフォローもされにくいです。

プログラマーを目指していて、将来独立も視野に入れているのでフリーランスを目指しています!という発信であれば、実績の延長上で取り組んでいることなので世界観は統一されています。

 

あなたはどんな実績があり、何を目指していくのか。

ここを明確にしてからツイッター運用に力を入れていきましょう。

 

こちらの記事も人気です。→フランチャイズオーナーになるには?準備と手順を徹底解説!

他のフランチャイズを検討されている方はこちら →フランチャイズの窓口

 

フランチャイズ無料相談会も実施しています。

無料相談バナー

関連記事

この記事は、【FOLAB フランチャイズオーナーズラボ】小山が書きました。

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ

フランチャイズオーナーとなり、
年商1憶円を達成した私、小山が
フランチャイズオーナーを目指すあなたに
寄り添うサイトとして運営しています。

会社に縛られたくない!
上司の圧力から解放されたい!
自分が決定権を持って自由に仕事をしていきたい!
フランチャイズで独立開業したい!

あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しよう!

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@orfevre-y.com

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ フランチャイズオーナーとしてより良い人生を

〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34

03-5659-0377

03-5667-5218

10:00~17:00
定休日:日曜・祝日