【要約・まとめ】パート1 本当の自由を手に入れるお金の大学

こんにちは。

フランチャイズオーナーズラボの小山です。

 

本書は、登録者数36万人を誇る日本一わかりやすいお金の教養チャンネル「両学長リベラルアーツ大学」でお馴染みの両学長が初めて出版された本です。

 

両学長について

両学長

両学長は、高校生の時に起業し、起業歴20年以上。

現在は経済的自由を達成し、友人向けにYouTube・SNSで「お金の知識」を発信されてます。

 

本書は、やれば人生が変わる超実践型バイブルです。

本書を読むことで、お金を「貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う」一生お金に困らない「5つの力」が身につきます!

 

この本の結論は、「生活・仕事・老後のお金の不安を減らして、自由に生きるための教養を身につけよう!」

 

両学長は、10代にして年間1億円以上を稼ぎ、優秀な経営者仲間やモルディブの大富豪から「本当の社会の仕組み」や「人生を豊かに生きる知恵」を学ばれています。

 

本書では、「一生お金に困らない5つの力」を各章毎に解説するという内容です。

「一生お金に困らない5つの力」とは、

 

【節約】お金を「貯める力」

【仕事】お金を「稼ぐ力」

【投資】お金を「増やす力」

【防御】お金を「守る力」

【幸福】お金を「使う力」

 

この記事では、

それでは早速見ていきましょう!

 

【節約】お金を「貯める力」

お金を貯める

もしかすると、あなたは今こう考えたのではないでしょうか?

「お金を貯めるってなんか地味だなぁ~そんなことよりもっとガツンとお金を稼げる方法教えてよ」

もし、こう考えてしまったそこのあなた、残念ながら甘いです。

 

貯める力とは、「生活の満足度を落とさずに、支出を減らす重要な力」のことです。

経済的自由を達成するために欠かせない最初の一歩なんです。

 

この貯める力は、あなたのやる気さえあれば、今すぐにでも成果が出せるポイントでもあります。

ですが、ちょっと待ってください。

貯める力というと節約を考える人は多いと思いますが、実は効率が悪いです。

1円でも安く商品を買い求めて、隣のスーパーへ自転車こいで行ってしまうなんてのはもってのほかです。

 

貯める力をつけるために大切な考え方は、この2つです。

 

1、一回の支出よりも固定費を見直す

2、金額が大きな支出から見直す

 

「6万円の買い物と考えると高い!」と感じるのに、月5000円の固定費には無頓着になってしまいますよね。でも、月5000円の固定費は、年間6万円の支出です。そう、6万円の買い物と同じです。

 

それでは、あなたの大事なお金を貪り尽くしてしまう固定費には、

どんなものがあるのかを見てみましょう。

 

これが人生の6大固定費です。

通信費、光熱費、保険、家、車、税金

それぞれ見てみましょう。

 

通信費の見直し

格安SIM

毎月のスマホ代を安くするには、格安SIMに変えてしまうのがオススメ!

大手キャリアと比較すると、毎月5000円以上の節約になります。

でも、「格安SIMってなんだか怖いな~」「いくら安くても不便になるのは嫌だな~」と感じる人もいるかもしれません。

 

その場合は、デメリットとメリットを比較してみましょう。

格安SIMに変更するメリットとしては、利用料金が5000円安くなること。

コロナで収入が減ってしまった人には、大きなメリットですよね。

 

続いてデメリットとしては、

・キャリアメールが使えない

・混雑する時間帯は、通信速度が遅くなる

・LINEのID検索が使えない

・乗り換えたら違約金がかかる

などがあります。

 

ちなみに違約金は1万円なので、2ヶ月もすれば浮いたお金でペイできます。

今すぐに格安SIMに乗り換えた方がメリットが大きんですね!

 

光熱費を安くする方法

光熱費

2016年4月の電力自由化によって、電力会社を選べるようになりました。

具体的な電力乗り換え方法は、次の3ステップです。

 

1、毎月の電気使用量と金額を確認

2、料金シミュレーションをする

3、新しい会社に申し込む

 

これで毎月1000円でも安くなれば、年間で12000円の節約!

一度手続きをしてしまえば、何も我慢せずに恩恵を受け続けることができます。

これはジワジワ効いてきますよ~

 

保険の見直し

保険の窓口

生命保険料だけでも1世帯あたり平均で年間38万円を払っています。

万が一のための保険だし、必要な支出だから見直しなんて必要ないと思っているあなた!

保険の見直しなしで経済的自由なんてありえないです。

 

最高な保険の入り方は、理性で判断すること。

最悪な保険の入り方は、感情で判断してしまうこと。

 

具体例で見てみましょう。

低確率でも実際に起こると大損失になるトラブル。それは死亡です。

40歳男性が死亡する確率は0.1%

男性の年収が500万円なら、死亡することによって65歳までに失う金額は1億2500万円。

残された家族にとっては大きな損失。

家計を支える人に対して生命保険をかけるのはOKということです。

 

一方でやっちゃダメなのが、低確率でも大きな損失にならないトラブル。それはガンです。

30歳男性が40歳までにガンになる確率は0.6%です。

ガンの治療費は約6割の人が50万~100万円で済んでいます。

100万円以上の貯金がある人は、生活が破綻するほど大きな損失にはならないのでがん保険は不要だという

ことになります。

 

つまり損失が大きいことにだけ保険をかけておくというのが理性で判断した適切な保険の入り方です。

紹介しきれないほど保険に関しては、情報が載っていますので、気になる方は本書を手にとってください。

 

家について

賃貸VS購入

賃貸とマイホーム。お得なのはどっち?と気になる人も多いのではないでしょうか。

結論を言ってしまうと、人によって前提条件が違うので、どっちがお得という答えの出し方はできません。

経済的自由に近づきたいのであれば、リセールバリューで考えるのが望ましいです。

 

リセールバリューとは一言で言ってしまうと、売却時の金額のこと。

買った時と同等か、それ以上の金額で売れるものを買える人は、マイホームを買った方がいいです。

購入金額から売却時の価格を引いたものが、実際の負担額になります。

 

この実際の負担額と賃貸で暮らす場合を比較して安い方を検討しましょう。

日本の建物は消耗品という考え方なので、木造であれば22年で建物の価値はゼロになってしまいます。

 

人気のエリアで土地の価値が下がらない一等地であれば、マイホームを検討してみてもいいでしょう。

 

車について

車維持費

いきなりですが、ハッキリと言います。車は買うな!買うなら中古一択!

車を所有すると20歳~70歳の50年間で約4000万円かかるというデータがあります。

月々6万6,000円もかかっているんです。車を所有するだけで、間違いなくお金の奴隷に近きます。

 

最悪なのは新車をカーローンで購入して、3年経ったら売却した金額で新たな新車を購入するという思考回路。

カーローンは金利がアホみたいに高い上に、車は買った瞬間から価値が下がってしまいます。

 

売却時にまとまった金額が入ってくるからOKみたいに考える人が多いですが、資産でもなんでもありません。ただの消耗品ですし、負債です。

欲望をコントロールして、なるべく車を持たない努力をしましょう。

レンタカーやタクシーは高く感じるかもしれませんが、使用頻度が少ないなら逆に安くつきます。

 

最後の固定費、税金について

所得控除

税金は給与じゃなくて、課税所得に対してかかります。課税所得とは、給与から控除を引いたもの。

つまり、課税所得を下げるのが節税になるわけです。だから控除が大事なんです。

 

控除額を大きくすればするほど、課税所得が下がり、それに付随して税金も下がるという仕組みです。

いろんな控除がありますが、サラリーマンなら年末調整の時に、会社に資料を提出すれば控除の手続きは終了!

 

知らないと損するオススメ控除は次の3つ。

・ふるさと納税

・医療費控除

・扶養控除

 

ふるさと納税は、自治体に寄付をすると、実質負担2000円で返戻品がもらえるというものです。

金銭的には節税になりませんが、お礼の品でその分お得というシステムです。

 

医療控除は、年間10万円を超えた分が対象です。

インプラント代、レーシック手術、不妊治療なども対象で、払う金額も大きいので、忘れずに申請するようにしましょう。

 

扶養控除は、収入が少ない人(年間103万円以下)と生計を一緒にしている場合、その人の年齢に応じて38万円~63万円の控除が受けられるものです。

これらは年末調整時の扶養控除申告書に書けば会社が処理してくれるので、漏れる心配はありません。

 

注意が必要なのは、サラリーマンの節税には限界があるということ。

源泉徴収の支配から逃れるには、副業を始めて事業所得を得ることです。

事業所得は、節税のメリットがめっちゃあるんです。

 

いかがでしたか?

一生お金に困らない「5つの力」の1つ目、お金を「貯める力」について見ていきました。

 

他の4つの力について知りたい方は、次のリンクからどうぞ!

 

【節約】お金を「貯める力」 →この記事

【仕事】お金を「稼ぐ力」  →【要約・まとめ】パート2本当の自由を手に入れるお金の大学

【投資】お金を「増やす力」 →【要約・まとめ】パート3本当の自由を手に入れるお金の大学

【防御】お金を「守る力」  →【要約・まとめ】パート4本当の自由を手に入れるお金の大学

【幸福】お金を「使う力」  →【要約・まとめ】パート5本当の自由を手に入れるお金の大学

関連記事

この記事は、【FOLAB フランチャイズオーナーズラボ】小山が書きました。

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ

フランチャイズオーナーとなり、
年商1憶円を達成した私、小山が
フランチャイズオーナーを目指すあなたに
寄り添うサイトとして運営しています。

会社に縛られたくない!
上司の圧力から解放されたい!
自分が決定権を持って自由に仕事をしていきたい!
フランチャイズで独立開業したい!

あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しよう!

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@orfevre-y.com