【要約・まとめ】パート3人生攻略ロードマップ

この本は、年商10億円以上稼ぐ若手経営者である迫佑樹さんの最新刊です。

迫佑樹さんについて知りたい方は、こちらからどうぞ →ポイント1人生攻略のための重要な5つの価値観

 

本書では、お金、時間、人間関係など、人生のありとあらゆる制限や不安を取り除いた状態を「人生を攻略した状態」と定義しています。

この人生を攻略した状態を手に入れる方法を具体的に解説してくれます。

 

パート1の記事では、人生攻略のための重要な5つの価値観。

パート2、パート3の記事で人生攻略のためのステップを10項目に分けて解説していきます。

 

この記事ではポイントの3つ目、人生攻略のためのステップ6〜10を見ていきます。

 

人生攻略のためのステップ6〜10

人生攻略ステップ

人生攻略ロードマップ3つ目のこの記事では、人生攻略のための重要なステップの後半パート6~10までをご紹介します。

⑥ ブログやYoutubeでヘビーな発信をする

⑦ 一部作業を外注化して仕事量を減らす

⑧ 自分の仕事をゼロにして事業を自動化させる

  仕事を分散する

  余剰資金を資産運用する

 

それでは、順にみてみましょう。

 

⑥ ブログやYoutubeでヘビーな発信をする

ブログ、YouTube

ライトな発信がSNSがメインだったのに対し、ヘビーな発信はブログやYoutubeを想定しています。

ここではより濃いファンや濃い同志を増やします。

また、別の集客ルートを開拓して仕事が来る量を増やすために、SNSでいいねやリツイートが多かったテーマを深掘りして発信していきます。

SNSでは文字数に制限があったりして、濃い情報を届けることには向いていません。

 

ブログやYoutubeでの発信のメリット

・発信テーマはどういう意味で発信したか

・どんな経験をもとに伝えているのか

・今の人生にどういきているのか

というような深掘りができます。

 

考えの一端だけではなく、その考えに至った背景までを発信することで説得力は増して、濃いファンや濃い同志が集まりやすくなります。

 

貴重な情報はガンガン発信

一方で、発信する側に立ったあなたは、自分が発信することに関して、「貴重な情報を無料で発信するのはもったいない」と感じるかと思います。

ですが、有益な情報は出し惜しみせず、ガンガン無料で発信するべきです。

今の高度情報化社会では、あなたの情報に触れてくれるだけでも非常にありがたい時代なんです。

ほとんどの情報やコンテンツは、波に埋もれて見向きもされずに終わります。

 

イメージしてみてください。

初めて訪れたサイトで、大抵の人が知っている一般常識しか発信していなかったらどうですか?

「このサイトから得られるものはないな」と思って、そのサイトを二度と見なくなりますよね。

お客さんとのファーストコンタクトで圧倒的なコンテンツや情報を提供すると、一気にあなたのファンになってくれます。

無料で価値を提供し続けることで、後からお金が付いてくるんです。

 

 

⑦ 一部作業を外注化して仕事量を減らす

外注化

4つの自由の全てを実現する人生を攻略した状態を手に入れるためには、事業の外注化、自動化、分散は避けては通れません。

ステップ6までは、自分自身のスキルを高めて収入を増やすことから収入源の分散化と営業コストの削減を見てきました。

しかし、いつでもこのフェーズにとどまっていると収入額はいずれ頭打ちになりますし、長期休養を余儀なくされた場合、収入が一気にゼロになってしまいます。

このステップ7からは、自分が動かずに売り上げが伸びていく状態を作っていきます。

 

外注化、自動化、分散

迫さんが外注化、自動化、分散の大切に気付かされたのは、月収が200万円を突破したあたりからだそうです。

この頃、年間の利益が億単位で出ている経営者に出会って、月収100万円突破!と喜んでいた迫さんは、まだまだだと思い知ったそうです。

その経営者と実際に会う約束を取り付けて、会って迫さんの収入の状況を聞いてすぐに、

「そんな稼ぎ方をしていて、億に行く未来は見えているのか?」

と質問されたそうです。

 

そして、経営者は次のことを話しました。

・自分で手を動かしていては収入に限界がくる

・自分がいなくても回る仕組みを作ること

・自分がいなかったらゼロになる100万円といなくても売上が立つ100万円では質が違う

 

迫さんは、当時の仕事を時給換算したら時給が5000円だったことを痛感したそうです。

これだと月200万円が限界だと。

ここから迫さんは、事業を外注化、自動化、分散することを考えたそうです。

 

サラリーマン思考だと、自分で全てやるという思考になってしまいがちです。

まずはあなたの事業で、「誰がやっても結果が変わらない」作業を外注してみましょう。

こうすることで、人の力を借りて仕組みを作り、自動化させることに味を占めるようになります。

 

 

⑧ 自分の仕事をゼロにして事業を自動化させる

事業を自動化

外注化と自動化の違い

外注化とは、誰がやっても変わらない事業の一部分を人に任せること。

自動化とは、事業そのものを人に任せること。

 

外注化を飲食店を例で見てみると、店長がバイトスタッフを雇って外注化して、事業の一部分を任せるイメージです。

自動化とは、飲食店のオーナーになり、店長を育て上げて、店長に事業の全てを任せるというようなイメージです。

 

会社から独立したての頃は、どうしてもセルフブラック現象が起こりがちです。

セルフブラック現象とは、支出を抑えたいという思いや、外注化、自動化の意識がないことで、自分自身が働きすぎてストレスをかけてしまうこと。

この状態を脱出するためにも事業を作るにあたって、お金の力で労力や手間を省き、効率よく事業を進めます。

 

迫さんの実例

知識共有プラットホーム「Brain」は自動化の賜物だそうです。

プロジェクトマネージャーにお金を払って、作りたい機能やコンセプトを伝えます。

プロジェクトマネージャーは、作業工程に必要なエンジニアとデザイナーに仕事を振りながら製作を始めました。

 

迫さんは、プロジェクトマネージャーの作業の進捗の報告を聞くことと、

週に1回のミーティングでプラットホームを完成させました。

タピオカ屋さんも美容室も基本的に同じモデルで、事業責任者を雇用した上で任せるスタイルをとっているそうです。

こうすることで、自分はそこまで働いてないのにものすごいスピードで事業が回るようになったそうです。

 

人に任せるのが不安なあなたへ

ここまで聞いたあなたは、

「優秀な人に任せたら、自分の事業を乗っ取られてしまうんじゃないか・・・」

と不安に感じるかと思います。しかし安心してください。

 

ステップ6でヘビーな発信をすることにより、濃いファンや、濃い同志たちが集まっています。

裏切りに遭う確率は限りなく低くなるんです。

 

 

  仕事を分散する

仕事を分散

2020年のコロナショックでは、様々な起業家たちが「1つの事業に依存する」ことの危険さを痛感しました。

特に大ダメージを受けてしまったのが、飲食店を単体で経営していた人たちです。

飲食店は、お客さんが来ないと売上が立たないので、家賃や人件費などの固定費が重荷になって、廃業を余儀なくされたお店も多いです。

 

あなたはステップ9に到達するまでに複数の事業を運営できるだけの資金、人脈、外注化や自動化をするためのスキルが備わっています。

リスク回避の観点でも、4つの自由を手に入れるという観点でも、複数の事業を所有するべきなんです。

 

事業の分散は別の領域で

ただ、注意しなければならないのが、

・事業を分散させよう

・事業を拡大させよう

とすると、どうしても今の事業とのシナジー効果を期待してしまいがちです。

 

シナジーを生むことは間違いではありませんが、「コケるときは、連結して全てコケる」という危険が付きまといます。

飲食店オーナーだからこの経験を活かしたい!ということで、複数店舗を運営したり、料理のジャンルを変えて運営していた場合、コロナショックで連結倒産という悲惨な目に遭ってしまうことも考えられます。

 

実際に迫さんは、オンラインスクール事業、物販系事業、美容室、飲食店と4つの事業を展開されています。

コケた時に総崩れしないように、事業領域が被らないジャンルで事業を分散させることが非常に重要なんです。

 

  余剰資金を資産運用する

資産運用

始めにお伝えしておきますが、資産運用よりも事業に投資した方がよっぽど効率がいいといえます。

少しでも現金が貯まってくるとすぐに資産運用を考える人がいますが、資産運用で得られるのは年間5%ほど。

世界一の投資家ウォーレンバフェットでさえも年間20%程度です。

 

資産運用より事業投資の方が利回りがいい

一方で事業投資では、1000万円を元手に1年間で1000万円を稼ぐことも難しくありません。

ここでいう資産運用は、余剰資金を金利の低い銀行に預けておくくらいなら資産運用した方がいいくらいに考えてください。

資産運用で一発逆転!なんて考える人がいますが、資産運用は資産を増やすためのものではなく、資産を守るためのものです。

 

利回り5%程度で、安定した不労所得を得るためものだと考えましょう。

実際に資産運用でお金が増えることが実感できるのは、元手で6000万円を超えたあたりからです。

元手が6000万円だと年間利益は300万円。税引後は240万円。つまり月に20万円の不労所得です。

 

資産運用が失敗しても、事業所得がある。

事業が失敗してもSNSで仕事を受注できる。

SNSがダメになってもベーススキルがある。

 

このように、安定しながら自由度が高い状況を作り出すことができます。

とは言っても、ステップ6~10は上級者向けの内容です。

サラリーマンとしての収入しかありません!という方は、ステップ1から順番にやってみてください。

 

いかがでしたでしょうか?

この記事では、ポイントの3「人生攻略のためのステップ6〜10」というテーマでお届けしました。

 

他のポイントも知りたい方は、次のリンクからどうぞ!

ポイント1 人生攻略のための重要な5つの価値観

ポイント2 人生攻略のためのステップ1〜5

関連記事

この記事は、【FOLAB フランチャイズオーナーズラボ】小山が書きました。

FoLAB フランチャイズオーナーズラボ

フランチャイズオーナーとなり、
年商1憶円を達成した私、小山が
フランチャイズオーナーを目指すあなたに
寄り添うサイトとして運営しています。

会社に縛られたくない!
上司の圧力から解放されたい!
自分が決定権を持って自由に仕事をしていきたい!
フランチャイズで独立開業したい!

あなたの強みをビジネスにして、
あなたの理想の未来を実現しよう!

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@orfevre-y.com