【書評】「人を動かす(第1・2章)」を読んで、社長が経験談を語る

こんにちは!

夫婦応援プロジェクトの小山雄介です。

 

今回は、デール・カーネギーの著作である

『人を動かす』という本をご紹介します。

 

成功者にご指導いただいたことで、

生活が豊かになっていったので

「人を動かすという本は実際どうなのか?」

という視点で、私の体験談なども

交えながら書いていきます。

 

「人を動かす(第1・2章) デール・カーネギー 目次」

第1章 人を動かす3原則

 1 盗人にも五分の理を認める

 2 重要感を持たせる

 3 人の立場に身を置く

第2章 人に好かれる6原則

 1 誠実な関心を寄せる

 2 笑顔を忘れない

 3 名前を覚える

 4 聞き手に回る

 5 関心のありかを見抜く

 6 心から褒める

 

 

 

第1章 人を動かす3原則

人を動かす3原則

1 盗人にも五分の理を認める

悪事を働いた人にも、それなりの理由が

あるという考え方。

 

これは裏を返せば、どんな人であっても、

「自分は間違っていない」

という感覚を持っているということです。

 

ですので、まずは相手の価値観を受け入れる

ことから始めないといけません。

相手のことを知って、受け入れない限り、

あなたのことも受け入れてくれないでしょう。

 

うちの従業員にも、会社のお金を使い込み

した人がいました。

会社のお金に手をつけた理由として、

「給料安いんだから仕方ねぇじゃん!

 どうやって生活していくんだよ!

とのこと。

 

一切自分が悪いとは思っていません。

クビにしようとも、職場で大騒ぎで

暴れ出し、警察に来てもらおうにも、

民事には介入しないと対処ができない。

 

最終的にこの方の主張を受け入れ、

渋々お金を掴ませて辞めさせました。

 

 

2 重要感を持たせる

人間は誰しも自己重要感を持っています。

これは「自分を価値ある人間だと思いたい」

という全人類の共通の心理。

 

承認欲求にも深い関わりがあります。

これを害してくる相手には、基本的に

心は開きませんし、夫婦間でも起こります。

 

「会社でもっと稼いで来なさいよ!」

と奥さんが旦那にチクチク言ってしまう。

 

「誰のおかげで飯が食えてると思ってる!」

と旦那が奥さんに主張。

 

これは、お互いの重要感、承認欲求を

害する発言であり、トラブルの根本的

原因の一つであります。

 

お互いの重要感、承認欲求を満たすように

人間関係を構築していかないといけません。

 

 

3 人の立場に身を置く

相手の立場に身を置くか、もしくは、

相手の立場に立って考えるかしないと、

人と良好な関係を築くことはできません。

 

相手の置かれた立場、心境を無視して

接してしまうとこれもまたトラブルに。

 

育児、家事、授乳と、出産してから多忙な

奥さんの目の前で、だらけた旦那さんが、

「仕事で疲れてんだから飯くらい作れよ」

こんなこと言おうものなら途端に破綻します。

 

上司から部下から板挟みにあって、

残業の毎日で疲弊している旦那さんに対し、

「私と仕事どっちが大事なの?」

と聞こうものなら旦那さんは逃げます。

 

相手の立場、環境、心境など考慮して、

日頃から発言する癖をつけないといけません。

 

これを繰り返してやっていけば、いずれ

気をつけることが当たり前の感覚になります。

 

 

第2章 人に好かれる6原則

人に好かれる6原則

1 誠実な関心を寄せる

関心を示すというのは、非常に重要。

「好き」の反対は、嫌いではなく「無関心」

 

好意を持ってくれているかどうかは、

話を関心を持って聞いてくれているか

どうかで、ある程度判断できます。

 

また、人間にとって信頼できる人物像は、

「自分自身のことを理解してくれる人」

 

相手に好意や信頼を抱いて欲しいのであれば、

まずはあなたが誠実に関心を向けるのが賢明。

 

私も今後の人間関係を良好に保ちたい

人には関心を寄せて、話を意識的に

聞くようにしています。

 

と言いますか、相手に行為があれば自然と

そのような対応になるかと思います。

 

 

2 笑顔を忘れない

笑顔を絶やさない人には好意を抱きます。

いつも難しい顔をしている人には

あまり近づきたいものではありませんよね。

 

私の妻は、

「この人との関係は良好にしておこう」

とロックオンした相手に対しては、

とびきりの笑顔で接します。

旦那の私が嫉妬してしまうほど(笑)

 

妻のこの笑顔スキルにより、取引先の

取締役社長と良好な関係を築けています。

 

 

3 名前を覚える

これは基本的なことですが、名前を間違って

言ってしまうと、相手に軽視しているような

印象を与えてしまいます。

毎日顔を合わさない人であれば尚更。

 

私自身も、小山(こやま)という苗字ですが、

おやまと呼んでくる相手には、やはり

心地いい感情は抱きません。

 

また、私もミスをしたことがあり、

よく会社に営業に来ていた方と

飲みにいくくらいの仲にまでなりましたが、

村中さんなのに、村上さんと呼んでしまい、

相手の表情が曇ってしまった経験も・・・

 

毎日顔を合わせていれば何の問題も

ありませんが、普段会わない人には

特に気をつけましょう。

 

 

4 聞き手に回る

相手との距離を縮めたいのであれば、

聞き手に回ることが先決です。

 

人は、自分の話を聞いてくれる人に

好意を抱きます。

自分を理解してくれる人を信頼します。

 

自分が伝えたいことばかりで、

一方的に自分のペースで話してくる人には

不快感しかありません。

 

どんなに専門性を持っていて素晴らしい

人であっても好意を抱くことは珍しいです。

 

ECサイトンボ構築において、人工知能を

使った画期的なシステムを持っていた

社長さんが紹介に来てくれました。

 

ですが、こちらが喋ろうとしても

遮って話す感じに終始不快感しかなく

それ以来連絡は取っていません。

 

どんなに素晴らしい技術があったとしても、

「宝の持ち腐れ」状態になってしまっては

元の子もありません。

 

 

5 関心のありかを見抜く

同じように人を管理することはできません。

 

個人によって、抱く感情も違いますし、

今までの人生の価値観も違いますし、

理想や目標、目的も違います。

 

常に関わる職場のスタッフや、

いつも一緒にいる妻には、

関心の所在や優先順位、大事にしていること

などは絶えず把握するようにしています。

 

相手が重要視しているものを侵害せずに、

人間関係を良好に保つことが大事です。

 

従業員からしたら、経営者の発言や行動は

異常ですし、ブラック企業と言います。

 

逆に経営者から見れば、サラリーマンは

「リスクも取らずにぬるま湯に浸かってる」

と思ってしまう部分があります。

 

どちらが正しい・間違っているではなく、

相手の内面的なものを理解し、それに

合わせて発言や行動を選んでいく。

こういったプロセスが重要です。

 

 

6 心から褒める

褒めることも一種のコミュニケーション。

あなたが相手に要求したことを行動に

移してくれたら、素直に

「早速やってくれたんだ、速いね!」

と相手を褒めましょう。

 

こうすることで、相手は嬉しいだけでなく、

「あなたのことをよく見ているよ!」

と暗に示す効果もあります。

 

褒めるという好意は、対等な立場、

あるいは下の人たちに対してやる行為。

目上の人には褒め称えるという表現が

相応しいように思います。

 

「早速やってくれたんだ、速いね!」

「こんな速さで終わらせてしまうなんて

 ビックリしました!ありがとうございます」

 

このような感じで立場はあなたの方が上でも、

年配の方には褒め称える、賞賛するという

感覚で振る舞った方が、相手は気持ちいいです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ参考にしてみてください。

 

小山雄介でした。

=============

私たちがどういったストーリーで収入UPしたのかを赤裸々に暴露しています。

こちら↓を読んでみてください。

世帯収入5倍になった秘密

=============

私たち夫婦の仲が劇的に改善された秘訣をご紹介しています。

こちら↓を読んでみてください。

私がたった1ヶ月、【マインド×心理学】を学ぶだけで夫婦円満になれた秘密

 

関連記事

【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

セレブになりたい!を叶える|【金持ちパパ・セレブママ】夫婦応援プロジェクト

夫婦円満になりたい!セレブになりたい!世帯収入を増やしたい!
そんな夢を叶えるために【夫婦応援プロジェクト】では
「年収3000万円の社長のマインドセット」
 ×「億万長者であるコンサルタントの教え」
  ×「実践により結果が出た夫婦円満の秘訣」
を、悩めるご夫婦にご提供し、夫婦円満で裕福な家庭を
増やしていくための活動をしております。

屋号 合同会社オルフェーブル
住所 〒134-0013
東京都江戸川区江戸川6-18-34
電話番号 03-5659-0377
営業時間 10:00~17:00
定休日:日曜・祝日
代表者名 小山 雄介 (コヤマ ユウスケ)
E-mail info@hu-huproject.com